第93回日本整形外科学会学術総会 The 93rd Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2020 5.21[木]〜24[日] 会場 福岡国際会議場 ・ 福岡サンパレス  マリンメッセ福岡 ・ 福岡国際センタ-	会長 丸毛 啓史 東京慈恵会医科大学 整形外科学講座 学と術と道

第93回日本整形外科学会学術総会 開催について【第2報】

各位

かねてよりご案内のとおり、本学術総会の開催形式につきましては、新型コロナウイルス感染の推移、現状を踏まえて慎重に検討を進めてまいりました。その結果、3月19日(木)の理事会におきまして、5月21日(木)~24日(日)福岡市での本学術総会開催を断念し、延期は行わず、その代替として6月上旬から一定期間(8月末までを予定)、オンライン学術総会として開催することを決定いたしました。これに伴いまして、親善スポーツ大会、各種社交行事、本学術総会と同時に開催予定の各種委員会の福岡での開催も中止になります。なお、新たな委員会開催のご案内は、委員会主催者より追ってご連絡をいたします。これにより、3月23日(月)から予定していた事前参加登録はいったん中止し、新たなオンライン学術総会の参加登録等の準備が整い次第、本ホームページでご案内いたします。また、演者の皆様には、発表データの登録等につきまして、個別にご連絡を差し上げます。ご参加を予定されている皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

オンライン学術総会では、各講演(ポスターを含む一般演題および教育研修講演として認定されているランチョン・アフタヌーンセミナー、シンンポジウム、instructional lecture、特別講演等)の視聴や教育研修単位の取得(最大28単位予定)が可能であります。また、日整会骨•軟部腫瘍特別研修会、日整会研修指導者講習会、日整会小児運動器疾患指導管理医師セミナーも開催予定です。その他、バーチャル展示会、オンライン懇親会などの企画も検討しています。随時本ホームページで紹介してまいりますので、定期的にホームページを確認していただきますようお願い申し上げます。

この度の決定に際しましては、多くの整形外科医が集う本学術総会が万一、感染クラスター発生の場となりますと、その社会的責任あるいは全国の整形外科診療への影響は計り知れないものがありますことを考慮せざるを得ませんでした。また、延期という選択肢は考慮に入れませんでした。延期する場合は夏休み期間が最有力候補になりますが、1)延期した時に通常の形式で開催できる見通しが立たない、2)延期後に中止になると会場等のキャンセル費が更に増える、3)日整会 骨・軟部腫瘍学術集会、基礎学術集会、来年の学術総会への影響が懸念される、4)夏休み期間は交通費、宿泊費が高額になる、5)オンライン学術総会で教育研修講演単位を十分に取得できる、などがその主な理由です。これまで準備をしてまいりました開催校といたしましては、断腸の思いもございますが、オンライン学術総会の成功に向けて精一杯の努力をいたしたいと決意を新たにしております。なにとぞご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
オンライン学術総会の詳しいご案内(第3報)は4月中旬頃ホームページでお知らせする予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

2020年3月19日

公益社団法人日本整形外科学会

理事長 松本 守雄

第93回日本整形外科学会学術総会

会長 丸毛 啓史

ムトウ

Zimmer Biomet

Janssen

Chugai

ページトップ