第93回日本整形外科学会学術総会 The 93rd Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association

オンライン学術総会Q&A

参加登録について

Q. 事前参加登録はできますか? 参加費の金額は?

A. 6月1日(月)からオンラインで登録開始予定です。参加費は会期中の参加登録費と同額:18,000円です。

Q. 参加登録の締め切り日は?

A. 会期終了の8月31日(月)まで、参加登録が可能です。

Q. 参加費の振込は可能ですか?

A. クレジットカード決済のみとします。日整会提携クレジットカード(MUFGカード)使用の場合もカード番号、有効期限の等の入力が必要になります。振込は受け付けておりませんのでご了承ください。

Q. 使用可能なクレジットカードは?

A. UFJ・ニコス・VISA・マスター・JCB・ダイナース・アメックス・日整会提携クレジットカード(MUFGカード)の使用が可能です。

Q. 領収証や参加証は発行されますか?

A. 決済後、オンライン学術総会内で、ご自身でプリントする方式を予定しています。
参加費の領収証は6月11日以降参加登録システム内で、教育研修講演単位受務手続費用の領収証は8月31日以降にマイページ内で一括発行可能となります。

Q. 会員以外(非会員)の参加は可能でしょうか?

A. 非会員の参加は、演者および共同演者に限定されます。プレス・取材の参加受付は行いません。

Q. 参加登録に必要な会員IDとパスワードがわかりません。

A. 公益社団法人日本整形外科学会事務局 E-mail:office@joa.or.jp へお問い合わせください。非会員招待座長・指定演者には、学術総会運営事務局(E-mail:joa2020@congre.co.jp)から改めてお知らせいたします。非会員の一般演題(口演・ポスター)演者及び共同演者で参加登録を希望される方は、オンライン学術総会:参加登録システム内の非会員参加登録ボタンからお申込みください。

Q. 参加登録費の払い戻しは可能ですか?

A. 2重登録や2重支払いの場合でも払い戻しはできませんのでご注意ください。

Q. 一度参加登録を行えば、会期中は何度もログインして視聴は可能でしょうか?

A. はい、可能です。

単位等について

Q. 教育研修単位はどのように取得するのですか?

A. 以下のフローで取得ができます。

1 オンライン学術総会の参加登録を行なう。
2 教育研修単位受講の申し込みを行う(1単位1,000円の事務手数料が必要)。
3 オンライン学術総会へログインを行なう。
4 講演をはじめから最後まで視聴する(早送りは不可)。
5 設問に解答する(正解するまで繰り返し解答可能)。

Q. どのセッションで単位取得ができるのでしょうか?

A. 基本的には通常の総会プログラムに準じます。
詳細は講演一覧(http://www.joa2020.jp/manual/files/joa2020_0408_lecture_list.pdf)をご確認ください。6月11日の段階で準備の整ったプログラムから、単位の取得が行えます。準備中のプログラムは、準備が整い次第公開し、単位の取得が行えます。

Q. シンポジウムでも単位の取得はできますか?

A. 指定された12のシンポジウムで単位の取得が可能です。
詳細は講演一覧(http://www.joa2020.jp/manual/files/joa2020_0408_lecture_list.pdf)をご確認ください。

Q. 単位取得数の上限はありますか?

A. 上限は28単位です(学会参加単位と他学会の単位は除く)。

Q. 既に教育研修単位受講の申し込み(単位取得手続き)を済ませたのですが、追加で手続きできますか?

A. はい、可能です。「研修会申込システム」https://card-sys.joa.or.jp/joaJizen/jizenTohrokuTop.doの「登録確認/変更/追加」ボタンをクリックの上、お手続きください。

Q. 設問に間違えた場合、初めから動画の全てを視聴するのでしょうか?

A. 視聴完了の場合は、早送りで確認したい場面まで動かすことができます。 設問に間違えた場合の視聴について、会期中の視聴回数制限や時間制限はございません。 ただし、ランチョンセミナー・アフタヌーンセミナーは1回のみの配信で、設問ページは配信後1~2時間のみ有効です。 (設問ページへの遷移方法は、講演終了後zoomに貼り付けるURLより入ることができます。) 万が一、設問に不正解の場合、ページが有効になっている間に再挑戦し、正解しないと単位は付与できませんのでご注意ください。

Q. 単位が取得できたことが確認できるタイミングはいつ頃ですか?

A. 会期終了後、データを確認し単位登録処理を行いますので、マイページへの単位反映時期は9月以降になります。

Q. 単位が2つある場合の選択は、どのようにしたらよいですか?

A. 単位は、これまでと同様に自動的に整形外科専門医単位の小さな方の分野番号として付与されます。マイページ内の単位振替システムで、ご自身で選択してください。

Q. 通常の総会では、同時間帯のセッションは聴講(単位取得)することはできませんでした。オンライン学術総会ではどのようになりますか?

A. 福岡で実開催する場合の同時間帯のプログラムでも、本オンライン学術総会ではオンデマンド聴講し単位取得ができます。ただし講演ははじめから最後まで全て視聴することが必須の為、複数機器での同時視聴は想定しておりません。1演題ずつご視聴ください。ログ等で同時視聴が判明した場合、全ての単位が認定されない可能性があります。また不正行為(正解の拡散)が判明した場合も、同様に全ての単位が認定されない可能性があります。

Q. 初日(6月11日)から全ての単位が取得できるのでしょうか?

A. 6月11日以降、準備の整ったプログラムから、順次、聴講(単位取得)が可能になります。準備中のプログラムは、準備が整い次第、HP上で告知します。

Q. ランチョンセミナーとアフタヌーンセミナーもオンデマンドで視聴して、単位取得ができますか?

A. ランチョンセミナーとアフタヌーンセミナーは、放映日時を定め1回のみの放映となりますのでご注意ください。他の教育研修講演と同様に単位取得が可能です。

Q. ランチョン・アフタヌーンセミナー単位の受講申込手続きを済ませたのですが、セミナーの視聴ができませんでした。救済措置はありますか?

A. 「研修会申込システム」https://card-sys.joa.or.jp/joaJizen/jizenTohrokuTop.doの「登録確認/変更/追加」ボタンをクリックの上、他の単位(ランチョンに限らず)へ変更振替をお願いします。(キャンセルは不可ですが、他の単位に振替は可能です)

Q. 単位は不要なのですが、ランチョン・アフタヌーンセミナーの視聴はできますか?

A. はい、可能です。開始時間前に、該当ランチョンの抄録またはカレンダーをクリックしますと「扉」が表示されますので、そこからご入場ください。(ズームアプリのダウンロードが必要です)

Q. ランチョン・アフタヌーンセミナーは途中から視聴できますか?

A. はい、可能です。上記同様に「扉」が表示されますので、そこからご入場ください。ただし、単位が必要な場合は、初めから最後まで視聴することが必須条件ですので、この場合は認定されませんのでご注意ください。

Q. 単位取得にかかる事務手数料の払い戻しは可能ですか?

A. 2重登録や2重支払いの場合でも払い戻しはできませんのでご注意ください。

Q. 教育研修単位受講申し込み後に決算まで完了しましたが、受講するセッションを変更することはできますか?

A. 同じ金額内(決済金額に変更が生じない範囲内)であれば変更可能です。ただし、キャンセルは不可能です。

Q. 日整会骨・軟部腫瘍特別研修会は行なわれますか?

A. 実施します。専門医試験の受験申請に必要な腫瘍の単位1単位が取得できます。事前に「はがき」を送る必要はありません。受講料はかかりません。
事前のお申込み手続きは不要です。講演を最後まで視聴し(早送りは不可)設問に解答する(正解するまで繰り返し解答可能)と認定されます。その結果は、オンライン学術総会会期終了後9月に、第93回日本整形外科学会学術総会運営事務局より、公益社団法人日本整形外科学会へ報告いたします。
オンライン学術総会にログインの後、演題検索ページ ➡ カテゴリー ➡ 骨・軟部特別研修会 ➡ 検索ボタンクリック で、表示されます。

Q. 日整会研修指導者講習会は行われますか?

A. 実施します。
事前のお申込み手続きは不要です。受講料はかかりません。講演を最後まで視聴し(早送りは不可)設問に解答する(正解するまで繰り返し解答可能)と認定されます。その結果は、オンライン学術総会会期終了後9月に、第93回日本整形外科学会学術総会運営事務局より、公益社団法人日本整形外科学会へ報告いたします。
オンライン学術総会にログインの後、演題検索ページ ➡ カテゴリー ➡ 指導者講習会 ➡ 検索ボタンクリック で、表示されます。

Q. 日整会小児運動器疾患指導管理医師セミナーは行われますか?

A. 実施します。本セミナーを受講すると小児運動器疾患指導管理料の算定が可能になります。講演を最後まで視聴し(早送りは不可)設問に解答する(正解するまで繰り返し解答可能)と認定されます。その結果は、オンライン学術総会会期終了後9月に、第93回日本整形外科学会学術総会運営事務局より、公益社団法人日本整形外科学会へ報告いたします。教育研修講演としても認定されているので,分野3を取得することができます。1,000円の事務手数料がかかります。
オンライン学術総会にログインの後、演題検索ページ ➡ カテゴリー ➡ 小児運動器疾患指導管理医師セミナー ➡ 検索ボタンクリック で、表示されます。

Q. 他学会の単位は取得できますか?

A. 日本手外科学会、日本リハビリテーション医学会、リウマチ財団の単位取得可能な講演があります。取得のフローは教育研修単位と同様です。1,000円の事務手数料がかかります。日整会の単位取得上限数:28単位にはカウントされません。日本手外科学会とリウマチ財団の単位は取得の上限数はございません。日本リハビリテーション医学会は、リハビリテーション科専門医が3単位、認定臨床医が30単位(1講演10単位×3講演)を上限とします。

Q. 他学会の受講証明書はいつ発行されますか?

A. 会期終了後:9月に受講手続き済+視聴済+設問正解済のデータを、第93回日本整形外科学会学術総会から各学会へ提出し認定されます。その後、受講証明書を発行し送付しますので、お手元に届くのは10月頃を予定しております。

Q. 1つの演題に日整会の単位と他学会の単位が設定されている場合、それぞれの単位を取得できますか?

A. はい、可能です。それぞれの単位の研修会受講申込(単位取得手続)をしてください。ただし動画の視聴と設問への回答は1回で結構です。

Q. 単位不要の場合、教育研修講演やランチョンセミナー等の視聴はできないのでしょうか?

A. 単位が不要の場合でも、教育研修講演やランチョンセミナー等の視聴はできます。その場合は、受講申し込みを行わずに視聴してください。

Q. 学会参加単位はどの時点で付与されますか?

A. 参加登録後にログインを行い、教育研修講演や一般演題(口演)など、動画として登録されている演題より1演題以上を視聴した時点で付与されます。 日本整形外科学会認定整形外科専門医:8単位 日本専門医機構認定整形外科専門医:3単位が付与されます。

Q. 発表業績単位はどの時点で認められますか?

A. 参加登録を行い、演題データをアップロードした時点で認められます。

オンライン学術総会全般について

Q. 会期はいつですか?

A. 6月11日(木)から8月31日(月)の間です。

Q. プログラム(時間割)はありますか?

A. プログラムはオンデマンド形式の視聴になります。会期中、ご都合のよろしい時間帯に、何度でも繰り返し視聴できます。プログラムはオンライン学術総会内で検索が行えます。但し、ランチョンセミナーとアフタヌーンセミナーは放映日時を定め1回のみ放映いたしますのでご注意ください。
詳細はプログラムのページをご参照ください。

Q. 開会式はいつですか?

A. 6月19日(金)に放映し、その後オンデマンド視聴を予定しています。

Q. 閉会式はいつですか?

A. 8月31日(月)に放映する予定です。

Q. 企業展示会はありますか?

A. バーチャル展示会場を予定しています。
出展希望の企業様は運営事務局 joa2020@congre.co.jp までお問い合わせください。

Q. 企業共催セミナー(ランチョン等)はありますか?

A. 日時を設定して企業共催セミナーを予定しています。
セミナー希望の企業様は運営事務局 joa2020@congre.co.jp までお問い合わせください。

Q. 企業広告を出せますか?

A. 出せます。希望の企業様は運営事務局 joa2020@congre.co.jp までお問い合わせください。

Q. 整形外科関連学会のポスターを掲示できますか?

A. インフォメーションページに掲載します。http://www.joa2020.jp/poster/index.html からお申込みください。

以上

ページトップ