新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

【AGAの症状】男性型脱毛症は進行・悪化します

このページでわかること

  • AGAには3つの進行パターンがあります
  • AGA以外の脱毛症とその治療法

AGA(男性型脱毛症)は進行性で、一度発症すると自然に治癒することはありません。
年齢を重ねるごとに発症リスクは高まりますが、若い世代でもAGAになる可能性はあります。
もしAGAを発症しても、早めに治療を始めることで薄毛を改善し、悪化を予防できます。

AGAには3つの進行パターンがあります

AGAは、O字型、M字型、U字型という3つのタイプに分けられます。
前頭部(髪の生え際)または頭頂部から抜け毛が始まり、少しずつ薄毛の範囲が拡大していきます。

治療を施さなければ脱毛の量は増え、範囲も広がっていきますが、AGAによって側頭部・後頭部の髪がすべて抜け落ちることはほとんどありません。

頭頂部から始まるO字型

O字型脱毛

O字型は、つむじ周辺から円形に髪が抜けていくタイプです。
日本人に多くみられる症状で、進行すると前頭部からも脱毛。症状が進むと頭頂部と前頭部の薄毛エリアがつながり、側頭部~後頭部の髪だけが残ります。

頭頂部から薄くなり始めるので自分では気づきにくく、他人から指摘された時にはすでに悪化している場合もあります。

こめかみから始まるM字型

M字型脱毛

M字型は左右のこめかみから抜け毛が始まり、生え際が後退していくタイプ。
AGAの中でもっとも多いパターンで、悪化すると頭頂部の脱毛も起こります。

頭部を側面から見たときに、M字の先端部分が頭頂部と耳をつないだラインから2cm前の位置よりも後退していたらAGAの初期症状と認められます。
またこめかみの頭髪が細く・弱くなり始めたらAGAの可能性が疑われます。

額から始まるU字型

U字型脱毛

U字型は額の生え際から薄くなり始めるため、もっとも自覚しやすい症状です。
悪化とともに額が全体的に後退していき、頭頂部まで拡大。最終的には、側頭部と後頭部の髪だけがU字状に残ります。

AGA以外の脱毛症とその治療法

男性の薄毛はすべてがAGAというわけではなく、AGAのほかにも脱毛を招く疾患があります。

脱毛症の種類によって抜け毛の症状や発症する箇所、治療法は異なるため、正確な判断が必要です。
薄毛の原因がAGAではない場合、疾患を治療することで薄毛が改善できる場合もあります。

円形脱毛症

部分的に円形または楕円形の脱毛が生じたら、円形脱毛症が疑われます。
脱毛の範囲は、10円玉ほどの大きさから500円玉大までさまざま。脱毛箇所は突然現れ、同時に数個の脱毛斑ができる場合もあります。

円形脱毛症は、自己免疫疾患のひとつだと言われています。本来であれば外部からの異物を排除するために働く機能が自分に向ってしまい、脱毛を引き起こします。また円形脱毛症患者の40%がアトピー体質だとわかっています。

円形脱毛症の治し方

ステロイド剤や抗アレルギー薬を用います。
またステロイドを注射したり、局部免疫療法を行なう場合もあります

脂漏性脱毛症

 

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎という皮膚炎が悪化して生じる抜け毛。皮脂の過剰分泌が原因で、初期段階では頭皮に赤みを生じます。
皮脂が毛穴を防いでしまうだけでなく、症状が進むと皮膚の一部がフケとしてはがれ落ちます。悪化すると大きなフケが頭皮にこびりつく場合もあり、髪が抜け始めます。

原因疾患である脂漏性皮膚炎は、皮膚の常在菌・マラセチア(カビの一種)が増殖し炎症を引き起こしていると考えられています。

脂漏性脱毛症の治し方

皮膚科で脂漏性皮膚炎の治療を行ないます。
ステロイドを含む外用薬(塗り薬やローション)のほか、抗真菌薬を用います。
かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン薬(内服薬)も使用します。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症は、フケの大量発生が原因です。脂漏性脱毛症と似た初期症状ですが、ひこう性脱毛症の場合はカサカサと乾燥した細かなフケが特徴です。
フケの増加とともに頭皮のかゆみや赤みを生じたら、症状が悪化しているサイン。さらに悪化すると髪が抜け始めます。
フケの増加に気づいた段階で治療を始めれば、脱毛に至ることはありません。

ひこう性脱毛症の治し方

ステロイドを含む外用薬を患部に塗り、頭皮の炎症を抑えます。
また洗浄力が強いシャンプーを使っている場合には必要な皮脂を落とし過ぎて頭皮を乾燥させている可能性があるので、アミノ酸系シャンプーに変更します。

機械性(外傷性)脱毛症

機械性脱毛症は、摩擦や圧迫などによって頭皮や毛髪が傷つけられて起こる脱毛症です。
外的な刺激のせいで根周辺の組織が損傷し、抜け毛・薄毛を生じます。帽子やヘルメットをかぶっている時間が長い人(工事現場の作業員や警察官など)に起こりやすく、ダメージを受けやすい額の生え際や頭頂部から薄くなっていきます。

また髪を引っぱるようなヘアスタイルを続けているといった場合に起こりやすく、牽引性脱毛症と言う場合もあります。

機械脱毛症の治し方

髪の分け目やヘアスタイルを変える、帽子をかぶらないようにするなど、できるだけ頭皮に刺激を与えないように気をつけます。
また頭皮の血流を促すマッサージも有効です。

こちらの記事も読まれています

目次