新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

【AGAの対策】抜け毛の進行は薬で抑えましょう

このページでわかること

  • AGAの進行を止める飲み薬
  • 発毛に役立つ塗り薬、飲み薬
  • AGA専門のクリニックや病院で受けられる施術

AGA(男性型脱毛症)は進行性で一度発症すると自然に治ることはありませんが、内服薬を服用すれば99%という高確率で改善が可能です。

AGAの治療法としては服薬が一般的ですが、頭皮に栄養分を注射する治療法や植毛という選択肢もあります。

AGAの進行を止める飲み薬

AGA治療で用いられる有効成分は、フィナステリドデュタステリドの2種類です。
どちらも5αリダクターゼを阻害して、DHT(ジヒドロテストステロン)の合成を防ぎます。

DHTを作る5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があります。

・Ⅰ型5αリダクターゼ/ほとんどの体毛の皮脂腺に存在する
・Ⅱ型5αリダクターゼ/前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在する

AGAに影響しているのは、主にⅡ型だと考えられています。

フィナステリドの薄毛改善率は98%です

フィナステリドを含む医薬品
先発薬 プロペシア
後発薬 フィナステリド錠(国産)、フィンペシア(インド製)など

フィナステリドは、AGA治療の第一選択薬・プロペシアをはじめ、後発薬(ジェネリック医薬品)のフィナステリド錠、フィンペシア、フィナックスといった商品名で販売されています。

Ⅱ型5αリダクターゼに対する阻害作用があり、6ヵ月以上にわたって継続服用した人の98%が薄毛の改善を実感しています。

デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方の5αリダクターゼに作用します

デュタステリドを含む医薬品
先発薬 ザガーロ
後発薬 デュタステリド錠(国産)、デュタボルブ(フィリピン製)など

デュタステリドを含むザガーロはⅠ型とⅡ型両方の5αリダクターゼを阻害するため、フィナステリドよりも強力だといえます。

DHTを作らせない働きが強く、増毛率もフィナステリドの1.6倍。
フィナステリドでは大きな改善がみられなかった人でも、効果が期待できます。

発毛に役立つ塗り薬、飲み薬

AGA治療では、5αリダクターゼ阻害薬とミノキシジル製剤の併用が推奨されています
有効成分・ミノキシジルは血行促進作用によって頭皮環境を改善し、発毛効果を発揮します。

ミノキシジルには、頭皮に塗布して使用する外用薬と錠剤として服用する内服薬があります。

ミノキシジルを含む塗り薬(外用薬)

商品名

リアップ、リグロ、メディカルミノキ、フォリックスなど

外用薬として使用できるのは、国内規格ではミノキシジル濃度1~5%まで。海外では10%以上の高濃度商品も流通しています。
ただし皮膚にはバリア機能があるため、高濃度で塗布したとしても内部まで届くミノキシジルはわずかです。

ミノキシジルを含む飲み薬(内服薬)

商品名

ノキシジル、ミノキシジルタブレット、ミノクソールなど

ミノキシジルは腸で吸収され、血液によって体のすみずみまで運ばれます。
効果の度合いは飲み薬>塗り薬で、塗り薬ではケアしにくい箇所にも有効。
作用が強い分、飲み薬の方が早く発毛・増毛を実感できます。

AGA専門のクリニックや病院で受けられる施術

投薬治療のほかに、医師が施術する治療法もあります。
服薬のみで治療を続けるよりも即効性やはっきりとした増毛が期待できますが、数万~数百万円もの費用がかかるというデメリットがあります。

クリニックで受けられる施術

毛髪再生医療、植毛

毛髪再生医療|頭皮に栄養分を注射する

 

毛髪再生医療には、メソセラピーHARG(ハーグ)があります。
いずれも複数回の施術によって効果が発揮されますが、AGAを完治させる治療法ではありません。
服薬と並行して施術を受けることで効率的に薄毛を改善し、発毛・増毛を促します。

メソセラピー

  • 髪の成長に必要な栄養分を頭皮に注射する
  • 早い段階で変化を実感できる
  • 2~4週間に1回×6~12回の施術を受ける

HARG

  • 栄養分のほか成長因子を含むカクテルを注射する
  • 日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院のみ施術できる
  • 3~4週間に1回×6回の施術を受ける

施術内容の違いとして成長因子の有無が挙げられますが、最近では成長因子を注射するメソセラピーを行なうクリニックもあり、区別はあいまいになっているようです。

植毛|自分の毛組織を脱毛箇所に移植する

脱毛が悪化しすぎて投薬での治療が見込めない場合や、少しでも早くAGAを解決したい場合には植毛を行ないます。

植毛には自毛植毛人口毛植毛の2つがありますが、人口毛植毛はリスクが高く日本皮膚科学会ガイドラインでも推奨できない施術とされています。

自毛植毛

  • 植毛といえば、一般的に自毛植毛を指す
  • AGAの影響を受けない後頭部の毛組織を採取して、脱毛している部分に移植する
  • 移植箇所が定着しやすく、副作用や後遺症のリスクが低い
  • 定期メンテナンスが必要ない

人口毛植毛

  • ナイロンやポリエステルなどの化学繊維を移植する
  • 髪の本数や長さを希望通りに調整できる
  • 感染症のリスクが高い
  • 定期的なメンテナンスが必要

こちらの記事も読まれています

目次