新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

アレルギーに関する情報ページ

このページでわかること

  • アレルギーは免疫が過剰に働くことで発症します
  • アレルギー患者は増加しています
  • アレルギーを悪化させないための治療法が基本です

アレルギーはどんな病気?

アレルギー反応が起こると、主にくしゃみや鼻水、目の痒み、皮膚炎などの症状が現れます。
症状を引き起こす原因は食べ物や医薬品、ハウスダストなどさまざま。
花粉が飛散する季節に多くなる花粉症もアレルギーの1つです。

アレルギーはQOL(生活の質)を低下させ、日常生活にも影響を及ぼす要因になります。
症状や原因、治療法について正しい知識をつけ、適切な予防・対策を行ないましょう。

アレルギーは免疫が過剰に働くことで発症します

私たちの体には、ウイルスや細菌が侵入してきた際の防衛システムとして「免疫」が備わっています。
風邪を引くとくしゃみや咳が出るのは免疫がしっかり働いている証拠。
有害な異物を攻撃して体の外へ排出する免疫反応は、健康を守るために欠かせません。

しかし本来は無害である物質に対して過剰な免疫反応が起き、体に影響を及ぼすことがあります。
これがアレルギーです。

【アレルギーの定義】
免疫反応に基づく生体に対する全身的または局所的な障害を指す

(引用元|厚生労働省

アレルギー発生の仕組み

アレルゲン=アレルギーを引き起こす原因物質(抗原)
IgE抗体=特定のアレルゲンに対して作られる抗体
マスト細胞=ヒスタミンやロイコトリエン(アレルゲンを攻撃する化学物質)を含む免疫細胞

体に侵入したアレルゲンに免疫反応が起こると、IgE抗体が作られます。

マスト細胞にくっついたIgE抗体はアンテナのようなもの。
再び体に侵入したアレルゲンと結合すると、マスト細胞に含まれるヒスタミンなどが放出されます。

大量に放出されたヒスタミンやロイコトリエンは、体のさまざまな部位で以下のようなアレルギー症状を起こすのです。

粘膜 目の充血や痒み、涙目、口腔内や唇の腫れ、鼻水、鼻詰まりなど
皮膚 痒み、湿疹、蕁麻疹、発赤、むくみなど
呼吸器 息苦しさ(呼吸困難)、息切れ、咳など
消化器 下痢、悪心、嘔吐など

アレルゲンには多くの種類があります

アレルギー症状の引き金になるアレルゲンは種類が豊富で、いずれも身近にあるものばかり。
主なアレルゲンに注目してみましょう。

吸入性アレルゲン 室内 ほこり、カビ、ダニ、畳、ソバガラ、ペットの毛、寝具(綿・絹・羊毛・羽毛)、建材に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド・VOCなど)
花粉 ブタクサ、カナムグラ、スギ、アカマツ、ススキ、ヒメガマ、シラカンバ、ヒノキなど
カビ アルテルナリア、ペニシリウム、カンジダ、アスペルギルスなど
食物性アレルゲン 卵、乳、小麦、ソバ、米、大豆、ピーナッツ、ゴマ、ヘーゼルナッツ、クルミ、アーモンド、サバ、マグロ、サケ、エビ、カニ、牛肉、豚肉、鶏肉、トマト、モモ、バナナ、キウイなど
接触性アレルゲン 化粧品、塗料、金属、衣服、うるし、ラテックス、ヨード、洗剤など

上記は一般的なアレルゲンです。
ほかにも医薬品を使用することで起こる薬物アレルギーがあります。

アレルギー体質の人がいずれかのアレルゲンを食べたり吸い込んだり触ったりすると、数分~2時間以内にアレルギー症状が現れます。
また複数のアレルゲンに反応してしまう人がほとんどです。

アレルギー患者は増加しています

現在、日本では国民の2人に1人がアレルギー性の疾患を持っていると言われています。
なかでも鼻炎(花粉症)・喘息・アトピー性皮膚炎はアレルギーの三大疾患と呼ばれ、年々患者数が増加傾向にあります。

推計アレルギー患者数

(引用:厚生労働省|アレルギー疾患の現状等

※推計患者数=調査時に継続的に治療を受けている患者数の推計です。

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎と花粉症は区別されることが多いものの、本来は同じ疾患です。

・アレルギー性鼻炎=通年性アレルギー
 基本的に一年中ずっと症状が出る

・花粉症=季節性アレルギー
 花粉が飛散する一定の時期だけ症状が出る

症状が出る時期に違いがあるだけで、花粉症もアレルギー性鼻炎の1つ。
目の痒みやくしゃみ・鼻水といった症状が特徴です。

喘息・気管支炎

喘息はアレルギー性疾患でもっとも患者数が多く、とくに20歳以下の若年層の割合が大きくなっています。

アレルギーによる気管支炎が慢性化した状態だと、呼吸困難や突然の咳き込みなどが起こりやすくなります。
また呼吸のたびに喉がゼイゼイ・ヒューヒューと鳴る症状(喘鳴)も喘息の特徴です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎では激しい痒みを伴う湿疹が現れます。
我慢できず掻いてしまうとそれが刺激となり、さらに症状が悪化するため、なかなか治りづらい疾患です。

またアレルギーの原因物質が肌に触れることで起こる皮膚炎もあります。
それぞれ皮膚のバリア機能の低下が原因として考えられます。

アレルギーの検査方法

アレルギーを疑えるような症状に心当たりがある場合、医療機関(内科やアレルギー科など)でアレルギー検査を受けられます。
検査は基本的に乳幼児から大人まで年齢を問いません。

血液検査(IgE抗体検査)が一般的ですが、近年では血液を採取しない皮膚テストを行なう医療機関も増えています。

【血液検査】

  • 血液を採取し、特定のアレルゲンに対するIgE抗体があるかを検査します。
  • 現在200種類以上のアレルゲンに対応していますが、保険が適用されるのは13項目までです。
  • 現在は日本人に多いアレルゲンを一度に検査できる方法(View39/MAST36)が主流になりつつあります。

【皮膚テスト/プリックテスト】

  • 皮膚に直接アレルゲンを接触させ、その部位を針で傷つけて反応を見ます。
  • 時間を置いて皮膚に盛り上がり(膨疹)があればアレルギーの疑いありです。

【皮膚テスト/皮内テスト】

  • 皮膚の表面部分に注射器を用いてアレルゲンエキスを注入し、反応を見ます。
  • 15分後に赤く腫れていれば陽性です。

アレルギーを悪化させないための治療法が基本です

アレルギーはすぐ治る病気ではなく、継続的な治療が必要です。

軽度のまま加齢と共に改善することもあれば、異なるアレルゲンに反応するようになるなど、病状が変化することだって珍しくありません。

そのためアレルギーの治療では、症状を悪化させない方法が最優先されます。

アレルゲンの回避

アレルギー治療に第一選択されるのは、アレルゲンの回避です。
原因アレルゲンを把握していれば、症状が出ないようにアレルゲンを避けることができます。

とくに食物アレルギーの場合はアナフィラキシーショック(重篤なアレルギー症状)を起こす危険性もあるため、アレルゲンを徹底的に避ける必要があります。

まずは原因アレルゲンを知ることが大切なので、アレルギーの可能性がある場合は検査を受けましょう。

投薬治療

アレルギー症状を抑える方法としては投薬治療が一般的です。
主に抗ヒスタミン薬とステロイド薬による対症療法が選択されます。

  • 抗ヒスタミン薬:痒みの原因物質を抑制
  • ステロイド薬:免疫反応や炎症を抑制

いずれもアレルギー性鼻炎や花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などに幅広く適応している薬です。

症状が出ないよう予防のために使用することもあります。

アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法とは、少量のアレルゲンを長期間(3~5年ほど)投与し、体をアレルゲンに慣らす治療法です。
アレルギー症状の緩和や改善が期待できます。

従来はアレルゲンの皮下に注射する皮下免疫療法が行なわれていました。
しかし近年では専用の治療薬を舌の下に投与する舌下免疫療法が広まっています。

いずれの方法も高い有効性を示し、日本アレルギー学会によると80%程度の患者に効果が認められています。

ただ、体質によってはアナフィラキシーショックを起こすリスクが高いため、慎重な対応が必要です。

アレルギーを改善する薬

  • アレグラ

    アレグラ

    ・アレルギーの諸症状を緩和
    ・副作用が出にくく、仕事中や運転中でも服用可能
    ・即効性があり長時間効果が持続

    120mg × 20錠 ¥1,340
    180mg × 20錠 ¥1,700

    商品を購入する

  • セロフロインヘラー吸入器

    セロフロ インヘラー吸入器

    ・気管支喘息の治療薬であるアドエアのジェネリック
    ・肺や気道に直接作用する吸入タイプ
    ・継続的な吸入で症状の緩和や予防が可能

    120mcg × 1箱 ¥2,690
    250mcg × 1箱 ¥3,140

    商品を購入する

  • プレドニゾロンクリーム

    プレドニゾロンクリーム

    ・皮膚の炎症を抑える概要タイプのステロイド剤
    ・アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎に有効
    ・免疫機能を抑えてアレルギー症状に予防も可能

    15g × 1本 ¥1,410
    15g × 2本 ¥2,550

    商品を購入する

目次