新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

【アレルギー性鼻炎・花粉症】日本人の4割が持つ疾患です

このページでわかること

  • 症状|三大症状はくしゃみ・鼻水・鼻詰まり
  • 原因|空中に舞うアレルゲンが引き金です
  • 対策|投薬治療で症状を予防・緩和できます

目や鼻などの粘膜症状が特徴的なアレルギー性鼻炎。
目が痒くなったり鼻水やくしゃみが止まらなかったりと、日常生活に支障をきたす疾患として多くの人を悩ませています。

アレルギー性鼻炎は一年中症状が出る通年性、そして特定の時期だけ症状が出る季節性(花粉症)に分類されますが、症状や治療法は同じです。

一度発症すると自然治癒は困難。
症状の悪化を防ぐためにも、早めの対策を行なう必要があります。

症状|三大症状はくしゃみ・鼻水・鼻詰まり

アレルギー性鼻炎を発症すると、目や鼻、そして喉などの粘膜に症状が現れます。

とくにくしゃみ・鼻水・鼻詰まりはアレルギー性鼻炎の三大症状です。
また目の痒みや充血、涙目といった症状が出ることもあります。

人によって症状が出る条件(時間帯や場所など)は異なるものの、一度出た症状は長時間続き、日常生活に影響を及ぼします。

アレルギー性鼻炎と風邪の違い

くしゃみや鼻水といった症状は本来、体に侵入した菌やウイルスに対する免疫反応です。
そのためアレルギー性鼻炎と風邪の症状(急性鼻炎)は似ています。

アレルギーなのか風邪なのかを判断する基準として、以下の違いに注目してみましょう。

アレルギー性鼻炎 風邪(急性鼻炎)
症状 くしゃみ 連続して起こる 続いても2~3回ほど
鼻水 透明でサラサラ 黄色っぽく粘度が高い
鼻詰まり ある ある
発熱 一般的にない ほとんどの場合ある
その他 目の痒みや充血、涙目など 咳や痰、悪寒など
症状の期間と経過 通年性:一年中いつでも起こる 発症から10日ほどで治る
季節性:開花時期に起こり2ヶ月以上継続する

通年性アレルギー性鼻炎は時期を問わず症状が出ます。
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)は花粉が舞う時期に合わせて発症し、天候によって症状の程度が変わることも。

症状がなかなか改善しない場合はアレルギー性鼻炎の可能性があるため、早めに検査を受けましょう。

日本国民の4割がアレルギー性鼻炎です

厚生労働省によると、2016年の時点でアレルギー性鼻炎(花粉症を含む)の有病率は国民の約4割。
罹患数1位の疾患として紹介されています。

アレルギー性鼻炎の年齢層

2014年のデータでは、アレルギー性鼻炎の患者のうち半数以上が若年層です。

また小学生のうちにアレルギー性鼻炎を発症する児童が増えていることもわかりました。
1990年代に比べると、小学1~6年生の患者数は約2倍ほど増加しています。

原因|空中に舞うアレルゲンが引き金です

アレルギー性鼻炎を起こす要因は、ハウスダストや花粉などのアレルゲン(アレルギーの原因物質)です。
通年性と季節性では症状が出る時期、そして原因となるアレルゲンが異なります。

通年性アレルギー性鼻炎 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)
アレルゲン ホコリ、カビ、ダニ、ゴキブリ、ガ、ペットの毛やフケなどのハウスダスト スギ、ヒノキ、シラカンバ、ブタクサ、ケヤキ、ヨモギなどの花粉
発症時期 一年中ずっと 花粉の飛散時期(植物の種類や地域によって異なる)

通年性の場合は身近なアレルゲンに反応するため、発症時期を問いません。
しかし季節性の場合は花粉の飛散時期によって発症のタイミングが異なり、症状が出る期間にも個人差があります。

ハウスダストや花粉が空中を舞って目や鼻の粘膜に付着すると、異物を排除するための免疫反応が働き、IgE抗体が作られます。

マスト細胞にくっついたIgE抗体とアレルゲンが結合した際、マスト細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出されるのです。

ヒスタミンは主に鼻水やくしゃみ、ロイコトリエンは鼻詰まりといったアレルギー症状を起こします。

鼻炎の仕組み

改善|投薬治療で症状を予防・緩和できます

アレルギー性鼻炎の治療では、薬で症状を予防・緩和する方法が基本です。

抗ヒスタミン薬 ステロイド薬
特徴 くしゃみや鼻水、目の痒みの原因であるヒスタミンの働きを抑制 免疫機能や炎症を抑えてアレルギー症状を改善
主な治療薬 アレグラ
アレリド
エリアス
プレドニゾロンクリーム
メドロール

鼻炎の症状にはまず抗ヒスタミン薬の飲み薬が選択されます。

くしゃみや鼻水などの症状を抑える働きがあり、すでに出てしまった症状の緩和に効果的。
また花粉の飛散期の2週間ほど前から服用することで、症状の予防にも効果があります

従来の抗ヒスタミン薬は眠気・口渇といった副作用がありました。
しかし1983年以降に作られた第二世代の抗ヒスタミン薬は、副作用が軽減されただけでなく即効性も期待できます。

また免疫抑制・抗炎症作用を持つステロイド薬も第一選択薬。
鼻詰まりには点鼻薬、目の痒みや充血がひどい場合には点眼薬(目薬)が有効です。

アレルギー性鼻炎を発症すると皮膚症状が出ることも多いのですが、その場合はステロイド薬の塗り薬で皮膚の炎症を抑えられます

アレルゲン免疫療法も有効です

アレルゲンエキスを含む薬を少しずつ投与するアレルゲン免疫療法は、ダニや花粉などのアレルギーに有効です。
比較的新しい治療法ですが、アレルギー性鼻炎を治す可能性がある方法として注目を集めています。

注射もありますが、舌下で薬を保持する方法が主流です。
投与するアレルゲンの量を3~5年かけて徐々に増やし、最終的にはアレルギー症状が出ないようにします。

ただし強い副作用(アナフィラキシーなど)が起こるリスクがあるため、医師の管理の下で安全性を確認しつつ治療を受けましょう。

アレルゲンの回避を徹底しましょう

アレルギー性鼻炎の症状は治療薬で緩和できますが、同時にアレルゲンを回避することも大切です。
症状が悪化するのを防ぐだけでなく、発症の予防にも繋がります。

アレルゲンの回避法|通年性の場合

  • 室内をこまめに掃除する
  • 布団をこまめに天日干しする
  • 布製品(カーペットやカーテンなど)は頻繁に洗濯する

アレルゲンの回避法|季節性(花粉症)の場合

  • 顔にフィットするマスクをつける
  • 専用のゴーグルで目を守る
  • 花粉の飛散時期を把握する(植物によって異なる)
  • 洗眼や鼻うがいを習慣化する

また空気清浄機の設置も効果的。
アレルゲンだけでなくウイルスの除去にも役立ちます。

こうした対策を行ないつつ治療薬をあわせて使用することで、アレルギー症状の予防や緩和の効果は高まります。

こちらの記事も読まれています

目次