新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

脂肪吸収阻害薬

脂肪吸収阻害薬

脂肪吸収阻害薬・ゼニカルの有効成分「オルリスタット」が配合された海外ジェネリックの商品一覧ページです。
商品選びに困ったときは、商品一覧下の「脂肪吸収阻害薬の種類と選び方」をご覧ください。

脂肪吸収阻害薬の種類と選び方

脂肪吸収阻害薬・ゼニカルは、食事で摂取した油分や脂肪分の30%をそのまま体外に排出させる肥満治療薬。
脂っこい食事を摂る時に服用するだけなので、費用面でも健康面でも負担のないダイエットが行なえます。

ゼニカルは先発薬の商品名です。より低価格で購入できるジェネリック医薬品も展開されているので、1箱ごとの錠数や1錠当たりの成分量、金額などを比較して、目的に合った商品を選びましょう。

ゼニカルのジェネリック医薬品とは

  • ゼニカルと同じ効果と安全性で、効率よくカロリーカットができる
  • 価格はゼニカルの40~80%ほどに抑えられている
商品名 ゼニカル オルリガル オルリファスト ザモカル ビーファット オベリット
1錠あたりの価格 122円~ 50円~ 77円~ 101円~ 107円~ 107円~
1錠あたりの成分量 120mg 120mg 120mg/60mg 120mg 120mg 60mg
1箱あたりの量 42錠 84錠 42錠 42錠 30錠 30錠
お医者さんアイコン

脂肪吸収阻害薬を選ぶコツ

  • ダイエット効果や使い勝手を試してみたい人には、少量から試せるオベリット
  • 普段から脂っこい食事の回数が多い人は、最安値&大用量のオルリガル
 

脂肪吸収阻害薬の特徴

 

脂肪吸収阻害薬は、脂質を分解する消化酵素・リパーゼの働きを阻害します。
リパーゼが分解しなかった脂肪分は、体に吸収されないまま便として体外へ。
食べた脂肪分のうち30%が排出されるので、効率よく摂取カロリーを抑えることができます。

お医者さんアイコン

脂肪吸収阻害薬ってこんな薬

  • 有効成分  オルリスタット
  • 作用時間  約2時間
  • 飲み方   食事中または食後すぐに飲む
  • 副作用   下痢、軟便

効果

  • 食事で摂取した油分や脂肪分の吸収を30%カットします

有効成分のオルリスタットは、油分や脂肪分を分解する酵素・リパーゼの働きを阻害します。

リパーゼの役割は、脂肪を分解して体内への吸収を促すこと。通常、食事で摂取した脂肪分はリパーゼによって分解されたのち、腸で吸収されます。
しかし志望吸収阻害薬を服用すると、オルリスタットの阻害作用によりリパーゼは分解作業を止めてしまいます。
リパーゼが働かなければ体内に入った脂肪分や油分は分解されないので、消化・吸収できないまま便として排出されていきます。
食事で摂取した油分や脂肪分のうち30%を吸収せずに済むので、効率的かつ大幅なカロリーカットが可能になります。

ただし太る原因が炭水化物(糖質)である場合、脂肪吸収阻害薬を服用してもダイエット効果が得られません
その理由は、オルリスタットが作用するのはリパーゼのみで、炭水化物を分解する酵素・アミラーゼに対する阻害作用がないため。

また同じ理由で、野菜や魚介類を好む人が服用しても大きな効果は得られません。
脂肪吸収阻害薬は、普段から脂っこい食事を摂ることが多い人に適しています。

飲み方

  • 1回1カプセル(120mgまで)
  • 1日3回まで
  • 食中、または食後1時間以内に服用する 

食べ物として摂取した脂肪分は、1時間ほどで分解・消化が始まります。
そのため食後1時間以上経ってから服用しても、効果が得られません。

脂肪吸収阻害薬は、食事の途中、もしくは食事をしたらすぐに服用することで高い効果が得られます。
また長時間に渡って食べたり飲んだりする場合には、食事と一緒に服用するよう心がけてください。
脂肪分の分解は、食べてから1時間ほどで始まります。
食事を数時間以上続けたあとで服用しても、すでに消化・吸収が進んでいる状態。食べながら吸収を阻害できるよう、食事の早い段階で服用しておきましょう。

副作用

  • 下痢、軟便
  • ビタミン不足による肌荒れ

脂肪吸収阻害薬による副作用は、おもに下痢や軟便です。
食べものとして取り入れた油分や脂肪分が分解されずに排出されるのは、消化不良と同じ状態。
便秘がちな人は便通の改善も期待できますが、体が慣れないうちは頻繁に便意をもよおす可能性があります。
便の変化は服用後1~2日後に現れるので、自由にトイレへ行ける日を選んで服用しておくと安心です。

便が緩くなりすぎたり、おならと一緒に油分が漏れてしまったりといった弊害を避けるため、生理用ナプキンやおむつなどを使用した方がいい場合もあります。

また脂肪分の吸収を抑えるという効果の影響により、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K、βカロテン)も吸収されないまま排出される点にも注意が必要です。

ビタミン不足が続くと、肌が荒れやすくなったり疲れやすくなったりといった不調を招きます。
脂肪吸収阻害薬を服用する機会が多い場合には、食事やサプリメントで意識してビタミンを補いましょう。
ただし摂取するタイミングは、服薬と前後2時間以上あける必要があります。
脂肪吸収阻害薬の服用と同時または、近い時間帯でビタミンを摂っても、脂肪分と一緒に排出されてしまうため注意してください。

注意・禁止事項

  • 腎臓や肝臓の疾患や胆石症など、持病がある人は服用できません
  • 抗生物質や血液凝固剤など、併用してはいけない薬があります

治療中の持病がある人は、脂肪吸収阻害薬の服用について医師や薬剤師に確認しましょう。
クリニックで処方してもらう際には、お薬手帳を持参してください。

また、高齢者や妊娠中または授乳中の女性、必須栄養成分の吸収が弱い人、オルリスタットにアレルギーがある人は服用を避けてください。
とくに妊婦が服用した場合、胎児の成長に必要な栄養が不足してしまうほか、オルリスタットの成分が胎児に移行する恐れがあります。

最近チェックした商品

目次