新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病(高血圧・脂質異常・糖尿病・痛風など)の治療薬や海外ジェネリック、体質改善に役立つサプリメントの一覧ページです。
商品選びに迷った際は、「生活習慣病の種類と治療薬」をご覧ください。

このカテゴリーの商品

生活習慣病の種類と治療薬

生活習慣病は、「日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患、更に脳血管疾患や心疾患の危険因子となる動脈硬化症・糖尿病・高血圧症・脂質異常症など」と示されているように命に関わる病気の総称です。(生活習慣病|厚生労働省 eヘルスネット

生活習慣病は、ひとつ発症するとほかの病気を伴うリスクが高いため、早めの治療開始と継続的な治療が欠かせません。
病気がわかったら治療薬で原因症状を改善するとともに、少しずつ生活習慣の見直しも図っていきましょう。

症状 高血圧症 脂質異常症 糖尿病 痛風
先発薬 アムロジン リピトール アクトス ザイロリック
ジェネリック アムロジピン アトルリップ ベキサゾン アロプリノール
目的 血圧を下げる コレステロール値を下げる 血糖値を下げる 尿酸の生成を抑える
お医者さんアイコン

生活習慣病の治療を進めるポイント

生活習慣病は、長年の習慣が積み重なって発症する病気です。
コレステロール値や血圧、血糖値、尿酸値の上昇といった問題症状の改善だけでなく、食事や運動といった生活習慣の改善も重要です。

生活習慣病の予防に役立つサプリメント

血圧やコレステロール値、血糖値、体重などの増加が気になりだしたら、生活習慣病予備軍だという自覚を。

生活習慣病の予防には食事のコントロールと適度な運動が欠かせませんが、サプリメントを取り入れた健康管理を始めてみるのも方法のひとつです。

目的 血糖値の上昇を抑える 血圧の低下を促す コレステロール値を低下を促す ダイエットを補助する
サプリメント名 モリンガカプセル
カレラ
メシャシュリンギ
セルピナ シュッダグッグル アーユスリム
ラズベリーケトン
カーボブロッカー

生活習慣病の治療

生活習慣病の治療 4つのポイント

  • 治療薬による症状の改善
  • 食事の見直し
  • 日常的な運動
  • 飲酒、喫煙習慣の改善

生活習慣病の治療では、服薬を続けるだけでなく食事療法や運動療法なども並行して取り組む必要があります。

また飲酒や喫煙など、生活習慣病を悪化させる嗜好も控えなくてはいけません。
しかし、長年続けてきた習慣を変えるのは難しいものです。自力で我慢できない時には、断酒補助剤禁煙補助剤といった治療薬の力を借りる方法もあります。

高血圧症の治療

高血圧症の治療は、血圧を正常値(最高血圧140/最低血圧90mmHg未満の範囲)に保つことを目的に進めます。
治療薬は、血管拡張や利尿剤などを単剤または組み合わせて服用します。
毎日の食事では、塩分とカロリーの軽減を心掛けてください。

薬物療法 血管を広げたり、水分の排出を促したりして血圧を下げる
食事療法 塩分、カロリー、飲酒量を減らす
その他 減量を行なう(体重を1kg減らせば、血圧は1~1.5下がります)

脂質異常症の治療

脂質異常症の治療では、事療法と運動療法が重要です。

とくにコレステロールを多く含む食品は、なるべく控えるようにしましょう。1日あたりのコレステロール摂取量が300mg以下に収まるよう心がけてください。
(※コレステロールが多い食品/卵・鶏レバー・いくら・ウナギなど)
また食べ過ぎに気をつけるだけでなく、食物繊維を積極的に摂りましょう。
食物繊維は、コレステロールの排出に役立ちます。

食事の管理だけでコレステロール値が下がらない場合には、薬物療法も行います。

薬物療法 コレステロール値を下げる、コレステロールを体外に排出する
食事療法 肉類を減らして魚介類や大豆製品を摂る、油分の多い食事は控える
その他 1日のコレステロール摂取量は300mgまでが目安

糖尿病の治療

糖尿病の治療といえばインスリン注射、とイメージするかもしれませんが、実際には食事療法と運動療法が主要な方法です。

食事療法の中でもっとも手軽なのが、食べる順番の実践。
野菜 → 汁物 → 肉や魚 → ご飯もの、といった順に食べ進めることで、糖の吸収速度を穏やかにします。

また1日の活動に必要なエネルギーを身長から算出したうえで、栄養素のバランスを考慮した献立を検討します。

食事の管理と運動だけでコレステロール値が改善しない場合に、はじめて医薬品の投与が行なわれます。

薬物療法 血糖値の上昇を抑える、上がり過ぎた血糖値を下げる
食事療法 食事の量は、必要なエネルギーの範囲内に留める
その他 1日30分程度の有酸素運動を、週に3~5回のペースで継続する

痛風の治療

痛風の治療でもっとも大切なのは、尿酸値のコントロールです。
尿酸値の上がり過ぎは炎症(痛風発作)の原因になるため、尿酸値を下げることが目的。
ただし激しい痛みを生じた時には、痛み止め(非ステロイド系消炎鎮痛剤)での鎮痛が優先されます。
また、痛風発作を予防するためにコルヒチンを服用する場合もあります。

食事で注意すべき点は、尿酸のもととなるプリン体の摂取を控えることです。 反対に、乳製品やお茶、コーヒーなどは尿酸の排泄を促すので積極的に摂りましょう。

薬物療法 尿酸の生成を抑える、尿酸値を一定に保つ
食事療法 レバーやアルコールなど、プリン体を多く含む食品を控える
その他 尿酸は尿として排出されるので、1日2リットル以上の水分補給を心がける

最近チェックした商品

目次