新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

バストケア

バストケア

バストの美しさの維持・向上に役立つサプリメントの一覧ページです。
バストケア商品には飲むタイプと塗るタイプがあります。商品選びに迷った際は、商品一覧下の「バストケアサプリメントの種類と選び方」をご覧ください。

バストケアサプリメントの種類と選び方

胸が大きかったりキレイであればそれだけで自信が持てるもの。
しかし年齢を重ねるとともにバストのシルエットや肌触りは低下してしまいます。
バストの維持・向上をめざすには日ごろのケアが必要不可欠です。
正しい生活習慣を送ることはもちろんのこと、ストレスは溜めず、毎日マッサージをしましょう。

効率よくバストケアに必要な成分を摂取したいなら、日ごろのケアにプラスしてバストケアサプリメントの使用がおすすめです。
バストケアサプリメントにはバストアップを目的としたサプリメントとニップルの黒ずみを薄くする目的の2種類があります。
さらにバストアップサプリメントは飲むタイプと塗るタイプから選べます。

 
バストアップ ニップルケア
タイプ 飲む 塗る 塗る
商品 プエラリアミリフィカタブレット ガウクルアバイオカプセル トータルカーブジェルカプセルセット フィナーレ・バストクリーム フィナーレ・ピンクニップルクリーム
配合成分 1種類 4種類 8種類+9種類 10種類 15種類
1日あたりの費用 215.8円~ 20.2円~ 256.3円~ 146.3円~ 24円~
こんな人にオススメ とにかくバストを大きくしたい人 バストにハリツヤも欲しい人 内側と外側からWでケアしたい人 バストの肌触りもよくしたい人 乳首の黒ずみを薄くしたい人
 
お医者さんアイコン

バストケアサプリメントを選ぶコツ!

  • とにかく胸を大きくしたいならプエラリアミリフィカタブレット
  • 胸のハリツヤを維持または向上させたいならガウクルアバイオカプセル
  • 体の内外からバストケアしたいならトータルカーブジェルカプセルセット
  • バストの触り心地にこだわりたいならフィナーレ・バストクリーム
  • 乳首をピンク色に近づけたいならフィナーレ・ピンクニップル・クリーム

バストアップサプリの併用注意

バストアップを目的としたサプリは多くあり、飲むタイプと塗るタイプに分かれます。
飲むタイプは体の内側から成分を吸収するため、吸収できる成分量が多くなりバストアップ作用を効率よく得られます。
塗るタイプはバストアップに必要なマッサージを行いながら塗布可能。
マッサージはバストの成長に必要な栄養を送るための血行促進と、脇や背中に流れた脂肪を胸に寄せ集めることができるためバストアップに繋がります。

飲むタイプ・塗るタイプともにメリットがあるため、効率よくバストアップを図りたいなら併用したいもの。
バストアップサプリは誰でも使用できるサプリメントであるため、基本的には併用可能です。
しかし、プエラリアミリフィカが配合されている商品の併用はできるだけ避けるようにしましょう。

プエラリアミリフィカとは、バストアップに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持っている成分です。
医薬品に比べると効果は低いものの、サプリに使用される成分で比較すれば効果はケタ違い。
作用の強さは同じ作用を持つイソフラボンの1,000~10,000倍といわれています。

プエラリアミリフィカはバストアップ効果に大きな期待が持てる成分である一方、多量摂取してしまうと腹痛や発疹、月経不順といった副作用が出る恐れがあります。
プエラリアミリフィカ配合のサプリ同士の併用は避けるようにしましょう。

プエラリアミリフィカタブレット ガウクルアバイオカプセル トータルカーブジェルカプセルセット フィナーレ・バストクリーム
ジェル カプセル
プエラリアミリフィカの有無 あり/180mg あり/85.5mg × × あり

胸が大きくならない理由

バストの大きさは遺伝が関係していると言われています。
胸の大きさに関わる特定の遺伝子はありませんが、胸も体の一部であり脂肪でできていることから脂肪のつきやすさ、簡単にいえば太りやすいかそうでないかがバストサイズに関係しています。
しかし遺伝の影響はせいぜい30~40%程度。
バストの大きさは生活習慣やストレスが大きく影響しています。

胸の大きさを決定づけるものは乳腺の太さです。
乳腺とは母乳を出す管のこと。乳腺を守るように脂肪がついておりこれが胸となります。
乳腺が太ければ太いほどつく脂肪の量が増えるため、バストが大きくなるのです。

乳腺の太さは女性ホルモンの分泌量が関係しています。
女性ホルモンが多く分泌されるとその分乳腺を成長させるため、太くなります。
乳腺を成長させる女性ホルモンの分泌量は、生活習慣やストレスによって変化。
生活習慣が乱れていたりストレスを溜めこんでいると女性ホルモンの量は減り、乳腺が太くならずに脂肪もつかないため、バストは成長しないのです。

バストの成り立ち

胸が垂れる理由

胸が垂れたり崩れたりする原因はおもに3つあります。

・血行が悪い
体をつくる栄養は血管を通って各部位に運ばれます。
バストも例外ではなく、血管から胸の維持や成長に必要な栄養を補給。
しかし血行が悪いと十分な栄養が届かず、胸は垂れていってしまいます。
姿勢の悪さやバランスの悪い食事が血行不良を引き起こしてしまうので注意が必要です。

・大胸筋が衰えている
胸は大胸筋を土台にしてついています。
土台がしっかりしていなければのっているものはバランスを保てず崩れてしまうもの。
筋肉の衰えは年齢や筋肉を使わない姿勢の悪さが原因です。

・クーパー靭帯がダメージを受ける
クーパー靭帯とは胸や乳腺を支えているコラーゲン繊維の組織。
刺激に弱いクーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻りません。
年齢を重ねるごとに胸が垂れていくのはこれが理由です。
うつ伏せ寝やバストの揺れ、サイズの合っていないブラなどによって、刺激を受けやすく崩れやすくなります。

乳首が黒ずむ理由

乳首が黒ずむ理由は大きく分けて3つあります。

・ダメージによる色素沈着
乳首はデリケートで色素沈着を引き起こすメラトニンができやすい部位です。
ブラのサイズが合わず摩擦が起こったり、紫外線や入念に洗いすぎることで刺激が過剰になり、ダメージを受けてメラトニンが増加。
色素沈着が起こって乳首が黒ずんでしまいます。

・ターンオーバーの乱れ
肌はターンオーバーによって古い角質がはがれ落ち、新しくなります。
この時、古い角質とともにメラトニンも取り除かれるため乳首はピンクさを保てます。
しかし加齢や生活習慣の乱れによってターンオーバーが乱れると、古い角質とともにメラトニンも残ってしまうため、段々と黒ずんでいくのです。

・遺伝
もともとの乳首の色は遺伝によって決まっています。
人によって肌の色が異なるように、もともとの乳首の色は人それぞれ。
ピンク色の人もいれば茶色い人、黒に近い色の人もいます。

バストケアサプリメントの役割

バストケアサプリメントはバストアップやバストのハリツヤの維持、バストのたるみ改善、乳首の黒ずみ除去をサポートします。
直接的な効果はありませんが、配合されている多くの成分がバストケアに必要な働きを補助。
理想のバストへと近づけてくれます。

こんな人に役立ちます

  • 胸を大きくしたい
  • ハリツヤを取り戻したい
  • 垂れた胸をもとの位置まで戻したい
  • 乳首の黒ずみを薄くしたい
  • 今のバストをキープしたい

注意点

医師の判断が必要な医薬品とは違い、サプリメントメントは誰でも自由に使用できるものです。
不特定多数の人が使用するため、副作用や摂取してはいけない人などは基本的にありません。
しかしバストケア商品は配合されている成分によって副作用が出てしまったり、服用を避けるべき人がいます。

副作用

  • 頭痛、吐き気、月経異常、乳房痛、不正出血など

服用注意

  • 妊娠中または授乳中の人
  • 経口避妊薬を服用中の人
  • 女性ホルモンに関する治療を行っている人

バストケア商品には、エストロゲンと同様の作用を持っているプエラリアミリフィカやイソフラボンが配合されています。
体質や体調によっては頭痛や吐き気、嘔吐、月経不順といった症状が出る場合があります。
また妊娠や授乳、経口避妊、女性ホルモンに関する治療では、エストロゲンが関わっています。
そのためこれらの人がバストケア商品を使用する場合は注意が必要です。

バストケアサプリメント以外のケア方法

バストのケアはサプリメントだけで行うものではありません。
サプリメントはあくまでも補助的役割であり、生活習慣の見直しやストレスを溜めこまないことが重要です。
バストケアサプリメント以外にも自分にあったケア方法を試してみましょう。

バランスのいい食生活

体が食事から作られるように、体の一部であるバストも食事からとる栄養によって作られます。
バストにいい栄養素とは、食物繊維やイソフラボン、コラーゲン、ビタミンなど。
玄米や大豆、豚バラ肉、柑橘類といった食品から摂取できます。

食事で注意したいのが特定の栄養素だけを摂取する方法。
栄養素は特定のものだけ摂取しても吸収量が多くなるわけではありません。
バランスよく摂取することで効率よく吸収できるため、主食・主菜・副菜を意識してとりましょう。

十分な睡眠

睡眠は人の体を正常に働かせるために必要不可欠です。
睡眠不足だとホルモンバランスが崩れてしまいます。
バストの大きさやハリツヤは女性ホルモンによって調整されるため、ホルモンバランスが崩れてしまうと女性ホルモンの分泌量が減少して胸が小さくなったり、ハリツヤがなくなったりしてしまいます。
睡眠の質と適切な時間を確保しましょう。

また寝るときの姿勢はバストの形に影響を与えます。
うつ伏せで寝てしまうとバストを潰してしまい、横向きで寝てしまうと重力に従い下側にバストが流れてしまいます
ナイトブラを使用してバストの形をキープし、脂肪が背中やわきに流れないように対策を行いましょう。

ストレスを溜めない

ストレスはバストを大きくしたい人にとっては大敵です。
ホルモンバランスはストレスによって大きく左右されてしまいます。
女性ホルモンの分泌量によって胸の大きさは決まるといっても過言ではないため、バストを大きくしたいならストレスはため込まずに定期的に発散するようにしましょう。

筋トレ

バストは筋肉によって支えられています。
筋肉は使っていないと徐々に衰えてしまうため、姿勢が悪かったり運動をまったく行っていない人は注意が必要です。
バストが垂れてきた・小さくなってきたと感じている人は、胸筋や背筋の筋トレを適度に行ってください。
普段の姿勢を意識するだけでも筋肉は使われるためオススメです。

マッサージ

老廃物が溜まっていると血液の流れを悪くしてしまいます。
血液にはバストアップやハリツヤに必要な栄養素が多く含まれているため、血流が悪いと胸が大きく育ちません。
マッサージは老廃物を排出したり代謝をよくして血行を促進したりする効果が期待できるため、バストのケアが行えます。

理想の胸の大きさ

美容外科クリニックが行った理想のバストサイズ調査では、女性の理想はCカップ、男性の理想はC~Dカップでした。
実際の女性の平均バストサイズはB~Cカップ。
女性の理想と現実は近い位置にあります。

しかしバストケアを行いたいという人は、平均よりもバストが小さい・もっと大きくした・大きさ以外のポテンシャルを高めたいといった悩みを抱えています。
平均は平均でしかなく、重要なことは自分の理想に近づけることです。
生活習慣の見直しやサプリメントの使用で日々努力を行っていきましょう。

最近チェックした商品

目次