新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

ヘアケア・サプリメント

ヘアケア・サプリメント

健康な髪の成長に役立つサプリメント、シャンプー、女性も使える育毛剤などのヘアケア商品一覧です。

ヘアケア・頭皮ケア商品の選び方

男女ともにハリやコシのある健康な髪を目指すなら、育毛に必要な栄養素を補うことと髪が育ちやすい頭皮環境を維持することが大切です。

髪の成長を妨げていたり見た目の悩みに繋がっている症状は、しっかり改善を。
そのうえで、髪にとってプラスとなるケアを行なっていきましょう。

男女共通 女性のみ
気になる症状 フケ・かゆみが気になる 髪にボリュームやコシがない 抜け毛・薄毛
ケア方法 頭皮を清潔に保つ 髪に必要な栄養を補う 頭皮の血流をよくする 髪に必要な栄養を補う
おすすめ商品 ニゾラルシャンプー L-リジン
プレミアムリジン
アンチヘアロスクリーム パントガール
お医者さんアイコン

頭皮ケア・ヘアケア商品を選ぶコツ

  • 頭皮トラブルがある時はニゾラルシャンプーでケア
  • 髪に元気がないと感じたらL-リジン or プレミアムリジン
  • 育毛作用を高めたいならアンチヘアロスクリーム
  • 女性の抜け毛や薄毛にはパントガール

健康な髪を育てるために

髪が細くなったり弱くなったりする軟毛化の原因は、ホルモンや生活習慣の乱れ、ストレスなどさまざま。
つまり元気な髪を取り戻すためには、総合的なケアが必要ということ。

髪に悪い行動・生活をしていないか振り返り、適切なケアを実践していきましょう。

髪を成長させるための食事

髪の成長には、血流を促す成分と髪の生成を助ける成分が必要です。

【血流を促す成分を含む食材】
レバー、バター、卵黄、人参、ウナギ、ナッツ類、かぼちゃ、アボカド、唐辛子など

【髪の生成を助ける成分を含む食材】
牡蠣、豚レバー、牛肉、卵、チーズ、大豆製品など

髪を生成しているケラチンという物質は、80%はタンパク質でできています。
そのため、肉や卵、魚介類などを積極的に摂ることで、髪質の改善が期待できます。

さらに頭皮の血流をよくすることで、髪のコンディション改善が促されます。
ビタミン類やカプサイシンを含む食材も、意識して取り入れましょう。

不足しがちな栄養素はサプリで補う

健康な髪のために食事を見直すべきだとはわかっていても、十分な栄養素を摂れない場合もあります。
食物アレルギーがあったりダイエット中であったりという人は、サプリメントの力を借りてみましょう。

【サプリメントで摂りたい栄養素】
ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB、亜鉛、リジン

サプリメントなら食事を考える手間やカロリー問題を気にすることなく、必要な栄養素だけを効率的に摂取できます。

正しい髪の洗い方

間違った髪の洗い方は、髪の健康や成長を妨げてしまいます。
また、髪を洗うといっても、実際には頭皮の皮脂や汚れを落とすことが目的。
頭皮や毛穴を清潔に保つことが、髪の成長促進を助けることにもなるのです。

1.洗う前にブラッシング
髪のほつれを解すことで、シャンプーの泡立ちがよくなるほか、切れ毛や抜け毛の予防もできます。

2.ぬるま湯で予洗い
予洗いで、髪についたほこりや化学物質などはほとんど落とせます。
ゴシゴシと力を入れるのではなく、優しく丁寧に洗い流しましょう。

3.泡立てたシャンプーで頭皮を洗う
シャンプーを手に取って少量の湯を加え、十分に泡立ててから頭を洗います。
泡立てていないシャンプーをそのまま頭皮につけると、刺激が強すぎて頭皮を乾燥させる可能性が。

4.十分に洗い流す
シャンプーが頭皮に残ると、頭皮や髪が乾燥しやすくなるほか、刺激やかゆみが起きやすくなります。
すすぎ残しがないように、髪の生え際や耳のうしろなどすみずみまで洗い流しましょう。

泡立てたシャンプーを使って指の腹で頭皮をマッサージするイメージで、丁寧に洗います。
また泡立っていないと髪同士がこすれ、枝毛や切れ毛の原因になるので気をつけましょう。

5.トリートメントをつけるのは毛先だけ
トリートメントやリンス、コンディショナーなどは、油分で髪を覆って保護します。
そのため頭皮に付着すると毛穴づまりの原因に。
頭皮トラブルを防ぐため、トリートメントはパサつきやすい毛先にのみ使用してください。

睡眠をしっかり

就寝時刻が遅かったり睡眠時間が短かったりすると、成長ホルモンが分泌されず髪の成長に支障をきたしてしまいます。
成長ホルモンは、就寝後3時間ほどで分泌されるといわれています。
そのため、健康な髪を育てるためには4時間以上の睡眠時間が必要です。

また午後10時~午前2時の間は、成長ホルモンの分泌がさかんになるタイミング。
この時間帯には眠っているよう、不要な夜更かしは控えるようにしましょう。

喫煙習慣の見直しを

たばこを吸うと、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。
血液がスムーズに流れなければ、髪に必要な栄養素を十分に行き渡らせることができません。

たばこは吸わないのが一番ですが、いきなり禁煙するのは難しいもの。
できる範囲で本数を減らし、未来の髪を守るために少しずつ禁煙を実践していきましょう。

最近チェックした商品

目次