新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

【EDの原因】勃起機能を低下させる4つの原因

このページでわかること

  • 器質性ED|ほかの病気が原因
  • 心因性ED|メンタルの不調が原因
  • 混合性ED|器質性と心因性が混在
  • 薬剤性ED|薬の副作用が原因

通常、脳で感じた性的刺激は神経を伝って男性器に届きます。
すると男性器の動脈が広がり血流量が増え、海綿体が膨張して勃起状態になります。
また膨張した海綿体は静脈を圧迫するため、男性器に集まった血液が留まり勃起状態を維持できるのです。

EDの原因

ED(勃起不全)は、神経伝達機能の異常や動脈硬化などの血管障害により、正常な勃起が困難な状態です。
患者のほとんどは後天的なEDであり、それぞれ異なる原因を抱えています。

器質性ED|ほかの病気が原因

病気や怪我などが原因で勃起が困難になっている状態を「器質性ED」といいます。
肉体的な衰えが現れ始める50代以上の男性に多く見受けられます。

しかし近年は30~40代にも増えており、加齢だけが要因というわけではありません。

血管のトラブル

動脈硬化とは血管が老化して硬くなった状態で、もっとも典型的なEDの原因として挙げられます。

柔軟性・弾力性がある健康的な血管に対し、硬い血管は広がりにくく血流が停滞しがちです。
勃起するためには多くの血流量が必要ですが、血管が広がらない場合は男性器に血液が行き渡らなくなります

動脈硬化の原因は生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)だけでなく、喫煙や過度な飲酒なども考えられます。
生活習慣病のリスクが高まる世代はもちろん、偏った食生活を送る若年層にも発症し得る病気です。

神経の損傷

性的刺激は中枢神経から末梢神経に伝わり、勃起を促します。
神経が正常に働かない場合、脳が性的刺激を感じても勃起に至りません

直腸がんや前立腺肥大症などの外科的手術、または交通事故などで負った怪我が原因で、男性器周辺の神経・血管を損傷するケースがあります。
傷付いた神経の状態によっては軽度~重度のEDになる可能性が高く、その場合は治療が困難です。

男性ホルモンの低下

男性ホルモンの1つテストステロンは、骨格や筋肉の形成だけでなく、勃起力や性欲を高める働きもあります。
テストステロンの分泌量が減ると性欲減退や勃起力の低下が起こり、EDに繋がってしまうのです。

しかしホルモンの分泌機能は加齢とともに減少するものです。
血中のテストステロン量は30~40歳で徐々に減り、50代以上では著しい低下がみられます。

加齢以外では脳の障害が原因となる場合や、生活習慣の乱れによるホルモン異常も考えられます。

心因性ED|メンタルの不調が原因

不安定な精神状態によって引き起こされる「心因性ED」は、20~30代に多いとされています。
発症のきっかけは男性一人ひとりで異なるため、具体的な原因の解明が困難です。

肉体的には健康であっても、過度なストレスや不安がEDの症状をもたらす可能性があります。

ストレスやプレッシャーによるED

ストレスは精神的な負担になります。
心理状態が不安定になると、本来は性的刺激を感じるはずの中枢神経に影響が及び、性行為の際にうまく勃起できなくなってしまうのです。

・自分の男性器に自信がない ・妊活に対して前向きではない
・仕事で失敗して落ち込んでいる
・常に経済的な不安を抱えている

など、さまざまなきっかけでEDを発症することがあります。

うつ病や不安神経症によるED

精神疾患とEDを併発することは珍しくありません。
うつ病や不安神経症といった心の病気は、自律神経のバランスを乱し、性欲減退や男性機能の低下を招く可能性が高いのです。

また心的外傷後ストレス障害(PTSD)もEDを招く要因の1つです。
幼少期のトラウマや無自覚のコンプレックスなど、深層心理が勃起機能に影響を及ぼす恐れがあります。

混合性ED|器質性と心因性が混在

EDの症例としてもっとも多いとされているのが「混合性ED」です。
器質性と心因性の2つが混在しており、複数の要因を併せ持っています。

医療機関を受診するED患者の多くが混合性EDと言われていて、過半数が50~60代以上です。

身体機能の低下が顕著になると、男性としての自信喪失に繋がります。
また責任の重い役職に就いているなど、ストレスを抱えやすい立場であることも高齢男性に混合性EDが多い理由として考えられます。

薬剤性ED|薬の副作用が原因

服用中の医薬品によって起こる「薬剤性ED」は、薬の副作用が勃起を困難にさせている状態です。
神経に作用する一部の医薬品にEDの症状を招く恐れがあります。

病気治療中などで服用している薬があれば、作用や副作用について確認してみましょう。

精神安定剤や睡眠薬

不眠症や精神疾患の治療に用いられる医薬品(抗うつ薬、抗精神病薬、催眠鎮静薬、麻酔薬など)には、中枢神経の働きを抑える効果があります。
服用すると脳が刺激を感じにくくなったり、神経伝達がスムーズに行なわれなかったりして、EDの症状が現れるのです。

ただし精神疾患そのものがEDの原因である可能性も考えられるため、医薬品の影響かどうかの判断は難しいところです。

高血圧の治療薬

循環器系疾患の治療薬のなかには、血圧を下げる作用を持つものがあり、副作用としてEDを発症する可能性があります。
特に高血圧の薬(利尿剤、降圧剤、血管拡張剤など)は薬剤性EDが起こりやすいとされています。

男性ホルモン抑制剤

前立腺肥大症や前立腺がんの治療には、男性ホルモンの分泌を抑える薬が用いられます。
射精機能・勃起機能の維持にも関わる男性ホルモンが減ることで、EDを発症するケースがあるのです。

こちらの記事も読まれています

目次