新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

早漏改善薬は一番人気の改善方法です

早漏改善薬には内服薬と外用薬の2種類があります。
内服薬はダポキセチンを有効成分に持っており、脳の興奮を抑えることで射精をコントロールします。
外用薬は医療現場で局所麻酔薬として使用されるリドカインを有効成分に配合。
噴射した部分の感覚を鈍らせて刺激を感じにくくし、射精を抑制します。

同じ早漏改善薬ではありますが作用が異なるため、それぞれに使用を推奨する早漏のタイプがあります。

内服薬 外用薬
作用 脳の興奮を抑える 感覚を鈍くする
成分 ダポキセチン リドカイン
医薬品 プリリジー
スーパーカマグラ
キシロカイン
ポリロックス
適応する早漏 心因性早漏
器質性早漏
衰弱性早漏
終生早漏
過敏症早漏

ED治療薬でも改善可能

EDの人の3分の1が早漏であると言われるほどEDと早漏は併発しやすい病気です。
勃起を維持しようとより多く刺激を与えるため、その分射精をしやすくなってしまいます。

ED治療薬でEDを改善することで余分な刺激を与えずにすみ、早漏も改善できるのです。

適当な早漏の種類

器質性早漏

早漏改善薬が効かない場合は他の方法を試しましょう

早漏改善薬は低価格で誰でも購入でき、簡単に使用・服用できます。
ほとんどの早漏に効果を現しますが、原因や症状の度合いによっては効き目が出ないことも。

早漏改善薬が効かない場合は次の方法を試してみましょう。

早漏改善手術

過敏性早漏である場合、敏感すぎると早漏改善薬で刺激を感じにくくさせようとしても、微々たる効果しか得られないことがあります。
そのため外科的手術で刺激を受けている余分な部分の切除や、刺激を受ける神経と皮膚との間に成分を注入して物理的に刺激を妨げるといった方法がより効果的です。

しかし早漏改善手術は4~数十万円かかり、成分注射の場合は体内に吸収される成分を使用することもあるため、定期的なメンテナンスが必要となります。

適当な早漏の種類

過敏性早漏

カウンセリング

心因性早漏である場合、根本的原因であるストレスやトラウマを解消しなければ早漏が改善することはほとんどありません。
そのためカウンセリングを受ける必要があります。

カウンセリングを受けてストレスやトラウマと向き合い徐々に解決していき、その間は早漏改善薬を使用して対応していく方法がオススメです。

適当な早漏の種類

心因性早漏

トレーニングで基礎力を高める必要があります

射精をコントロールするためには筋力が重要となります。
男性器周辺にある筋肉は精液が漏れ出ないように収縮することで尿道を締めます。
収縮した筋肉がゆるむことで精液を勢いよく外へ放出。これを射精といいます。

早漏の人は射精に大きく関わる筋肉を収縮させる力が弱く、長く引き締めることができないため、早々に射精してしまうのです。

筋力を高めるためにはトレーニングが効果的です。
スクワットやウォーキングなどで腰回り全体の筋肉を鍛えましょう。

さらに自慰行為の際に射精を我慢するスクイーズ法や、尿を切るイメージで骨盤底筋群を引き締めるケーゲルエクササイズなどは、射精をコントロールする筋肉をピンポイントで鍛えることができます。

早漏改善のトレーニングを行うことで、射精をコントロールする筋力の向上や刺激への耐性といった基礎力を身につけられます。

適当な早漏の種類

過敏性早漏、衰弱性早漏

経験を積む

経験を積むことも早漏を改善する方法の1つです。
過敏性早漏は性行為の経験不足によって刺激を強く感じてしまい、心因性早漏は性行為に慣れておらず失敗した経験または失敗への不安が早漏の原因となります。

そのため経験を積むことで刺激に慣れ、自信をつけることで早漏を改善できるのです。

適当な早漏の種類

過敏性早漏、心因性早漏

軽度の早漏や一時的な早漏の場合は工夫が大切です

早漏の改善にはさまざまな方法がありますが、軽度や一時的な早漏の場合、一工夫で解決できる場合があります。

早漏専用のコンドーム

コンドームには早漏専用の商品があります。
通常のコンドームはより快感を得られるよう薄いゴムを使用している傾向があります。
しかし早漏専用コンドームはゴムが厚手になっていて刺激が伝わりにくく、射精までの時間を長くできるのです。

適当な早漏の種類

過敏性早漏

性行為前に抜いておく

射精をすると性的興奮を下げる作用を持つプロラクチンというホルモンが分泌されます。
性的興奮が下がると刺激を受けても興奮しにくくなるため、射精欲が低下。
性行為前に一度自慰を行っておくことで、性行為時の射精を遅くできます。

適当な早漏の種類

過敏性早漏、心因性早漏

射精しにくい体位

性行為時の体位には射精しやすい体位と射精しにくい体位があります。

王道の正常位や騎乗位は射精しやすい体位です。
正常位は前傾姿勢となり腰を動かしやすく刺激を受けやすくなり、騎乗位は女性が主導権を握り男性は自分で射精をコントロールできないためNG。

射精しにくい体位としてオススメは、背面側位やバック、対面座位です。
背面側位や対面座位は腰を動かしにくいため過剰な刺激がなく、バックはパートナーの表情や胸といった興奮する要素が少なくなるため、射精をコントロールしやすくなります。

しかし男性器の形やパートナーの膣の形などによって射精しにくい体位は異なります。
パートナーとさまざまな体位を試し、二人に合った体位を見つけましょう。

適当な早漏の種類

過敏性早漏、心因性早漏

原因別に適当な対策があります

早漏にはさまざまな原因があり、それぞれに合った改善方法があります。
1つの方法で改善できる場合もあれば、複数の方法を同時に行わなければならない場合もあるため、原因と自分に合った方法を試してください。

過敏性早漏:刺激に弱く射精を我慢できない

早漏改善薬、早漏改善手術、トレーニング、経験、コンドーム、性行為前に抜く、体位

心因性早漏:自律神経が乱れて射精をコントロールできない

早漏改善薬、カウンセリング、経験、性行為前に抜く、体位

器質性早漏:炎症による男性器への刺激で早漏を引き起こす

早漏改善薬、ED治療薬(病気の改善)

衰弱性早漏:筋肉が衰えて射精を我慢できない

早漏改善薬、トレーニング

終生早漏:初めての性行為から早漏

早漏改善薬

こちらの記事も読まれています

目次