新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:27件

1,690

サイズ
数量
アジー

商品概要

カテゴリ 性病・感染症の治療薬      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Cipla(シプラ)
発送国 インド、シンガポール
効果・効能 細菌の分裂・増殖を防ぎ、症状を改善します
有効成分 アジスロマイシン
用法・用量 ・クラミジア感染症の場合
└1000mgを1日1回服用
・クラミジア感染症以外の場合
└500mgを1日1回、3日間服用
作用時間 7~10日間
副作用 下痢、腹痛など
禁忌・注意 アジスロマイシンに過敏症の既往歴がある人はアジーを服用できません
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

細菌の分裂・増殖を防ぎます。

アジーは病院で処方される抗生物質として有名なジスロマックのジェネリックです。
淋病やクラミジア感染症といった性感染症に対し、高い有効性を備えています。

性感染症のなかで特に患者数が多いクラミジアは、「クラミジア・トラコマチス」という細菌に感染することで発症します。
体内で菌が増殖すると尿道炎や子宮頸管炎といった症状が現れ、悪化すると不妊の原因になることもあるため、早期治療が欠かせません。

アジーの有効成分(アジスロマイシン)は、クラミジアの原因菌の増殖を抑える抗菌作用だけでなく、炎症を抑える抗炎症作用も発揮します。
クラミジアに似た症状が特徴的な淋病にも有効です。

あらゆる細菌感染症に有効です

アジスロマイシンの適応菌は多く、性感染症以外の症状にも効果があります。

先発薬であるジスロマックは、細菌感染による肺炎や気管支炎をはじめ、リンパ節炎や扁桃炎などの治療にも用いられる抗生物質です。
ウイルスには有効性が認められませんが、インフルエンザ感染時に処方されることもあります。この場合は細菌による二次感染防止に有効です。

ジスロマックと同じ有効成分を持つアジーにも同等の効果が期待できます。

用法・用量

アジーは症状によって服用方法が異なります。

クラミジア感染症(尿道炎・子宮頸管炎)の場合、アジスロマイシンとして1000mgを1回だけ服用します。
軽度の淋病も同様の飲み方で治療可能です。
250mgなら4錠、500mgなら2錠というように、合計が1000mgになるように調整してください。

クラミジア感染症以外(リンパ管炎・扁桃炎など)の場合、アジスロマイシンとして500mgを1日1回3日間服用します。

ただし上記の用法・用量は目安です。
症状の程度によって服用量や服用回数は変わるため、判断がつかない場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

事前の準備で早期治療を行ないましょう

クラミジアや淋病の症状は進行性です。
発症から時間が経つと症状が重くなり、治療期間も伸びます。
また治療が遅れるとパートナーへの感染リスクも増すため、早めの対処が肝心です。

またクラミジアも淋病もパートナー間で感染を繰り返す「ピンポン感染」が発生しやすい病気です。
症状が出てすぐに治療を始められるよう、事前に治療薬を準備しておくといいでしょう。

副作用

下痢、腹痛など

アジーの抗菌作用は腸内細菌にも及び、善玉菌のバランスが崩れて一時的な下痢や腹痛をもたらす可能性があります。
対処法としては整腸剤の併用がおすすめです。

ごくまれに蕁麻疹、悪心、嘔吐、便秘、頭痛、めまいなどの副作用が出ることもありますが、発生頻度は0.1~1%未満です。

禁忌・注意

併用禁忌薬はありません
アジスロマイシンに過敏症の既往歴がある人の服用は禁止されています

過去にアジスロマイシンによるアレルギー症状が出たという人は、アジーやジスロマックを服用できません。
アナフィラキシーショックなど重い副作用を招く恐れがあります。

また授乳中の服用も原則禁止です。
母乳に有効成分が移行する可能性があるため、やむをえず服用する場合は授乳を中断するなどの対処が必要です。

使用上の注意

※以下の医薬品を服用中の人は、アジーの服用について医師に相談してください。

  • 強心薬(ジゴキシンなど)
  • 免疫抑制剤(シクロスポリンなど)
  • 制酸剤を含む胃腸薬
  • メシル酸ネルフィナビル

※以下に当てはまる人は、アジーの服用に注意が必要です。

  • 妊婦、産婦
  • 重度の肝臓病
  • アレルギー体質

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 27件のレビュー
  • クラミジア3回目ともなると、さすがに自分の身体が病原菌そのものなんか?なんて悪い想像しちゃいますね。初期症状にいち早く気づけるようになってしまっていますもん。そんな自分にびっくりしちゃう。
    いっちばん最初は病院でもらったので、選び方には別に困りませんでした。ただ、病院ではジスロマックだったのでアジーという名前になっているとは露知らずでした。商品名ってメーカーによって変化するんですね・・・。

  • 性病の薬は通販の一択って感じです。
    町内に唯一ある婦人科だと知り合いに遭うリスクがかなり高いので…。
    通販があって本当に良かったです。

  • 抗生物質をとりあえず、という気持ちで何カ月か前に注文しておいてよかったです。
    やっぱり事前準備は大切ですね。久しぶりにクラミジアに感染しました。
    やはり急な病気は焦ります。その気持ちもサポートするかのように効果抜群なので信頼度は非常に高い薬です。

  • 病院でもらうアジスロマイシンとおなじでした。
    ここで買うのは自己責任だし、ちゃんと調べてから買った方が良いです。安全かどうかなんて飲んでみないと分からないし。
    ちなみに自分はなんにも問題なく飲めました。

  • 合計1000mgになるようにして飲みました。飲む前はちょっと心配だったけど、いい感じに治ってきているから、飲み方合ってたんだってちょっと安心しました。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次