新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:12件

1,690

サイズ
数量
アジー

商品概要

カテゴリ 性病・感染症の治療薬      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Cipla(シプラ)
発送国 インド、シンガポール
効果・効能 細菌の分裂・増殖を防ぎ、症状を改善します
有効成分 アジスロマイシン
用法・用量 ・クラミジア感染症の場合
└1000mgを1日1回服用
・クラミジア感染症以外の場合
└500mgを1日1回、3日間服用
作用時間 7~10日間
副作用 下痢、腹痛など
禁忌・注意 アジスロマイシンに過敏症の既往歴がある人はアジーを服用できません
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

細菌の分裂・増殖を防ぎます。

アジーは病院で処方される抗生物質として有名なジスロマックのジェネリックです。
淋病やクラミジア感染症といった性感染症に対し、高い有効性を備えています。

性感染症のなかで特に患者数が多いクラミジアは、「クラミジア・トラコマチス」という細菌に感染することで発症します。
体内で菌が増殖すると尿道炎や子宮頸管炎といった症状が現れ、悪化すると不妊の原因になることもあるため、早期治療が欠かせません。

アジーの有効成分(アジスロマイシン)は、クラミジアの原因菌の増殖を抑える抗菌作用だけでなく、炎症を抑える抗炎症作用も発揮します。
クラミジアに似た症状が特徴的な淋病にも有効です。

あらゆる細菌感染症に有効です

アジスロマイシンの適応菌は多く、性感染症以外の症状にも効果があります。

先発薬であるジスロマックは、細菌感染による肺炎や気管支炎をはじめ、リンパ節炎や扁桃炎などの治療にも用いられる抗生物質です。
ウイルスには有効性が認められませんが、インフルエンザ感染時に処方されることもあります。この場合は細菌による二次感染防止に有効です。

ジスロマックと同じ有効成分を持つアジーにも同等の効果が期待できます。

用法・用量

アジーは症状によって服用方法が異なります。

クラミジア感染症(尿道炎・子宮頸管炎)の場合、アジスロマイシンとして1000mgを1回だけ服用します。
軽度の淋病も同様の飲み方で治療可能です。
250mgなら4錠、500mgなら2錠というように、合計が1000mgになるように調整してください。

クラミジア感染症以外(リンパ管炎・扁桃炎など)の場合、アジスロマイシンとして500mgを1日1回3日間服用します。

ただし上記の用法・用量は目安です。
症状の程度によって服用量や服用回数は変わるため、判断がつかない場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

事前の準備で早期治療を行ないましょう

クラミジアや淋病の症状は進行性です。
発症から時間が経つと症状が重くなり、治療期間も伸びます。
また治療が遅れるとパートナーへの感染リスクも増すため、早めの対処が肝心です。

またクラミジアも淋病もパートナー間で感染を繰り返す「ピンポン感染」が発生しやすい病気です。
症状が出てすぐに治療を始められるよう、事前に治療薬を準備しておくといいでしょう。

副作用

下痢、腹痛など

アジーの抗菌作用は腸内細菌にも及び、善玉菌のバランスが崩れて一時的な下痢や腹痛をもたらす可能性があります。
対処法としては整腸剤の併用がおすすめです。

ごくまれに蕁麻疹、悪心、嘔吐、便秘、頭痛、めまいなどの副作用が出ることもありますが、発生頻度は0.1~1%未満です。

禁忌・注意

併用禁忌薬はありません
アジスロマイシンに過敏症の既往歴がある人の服用は禁止されています

過去にアジスロマイシンによるアレルギー症状が出たという人は、アジーやジスロマックを服用できません。
アナフィラキシーショックなど重い副作用を招く恐れがあります。

また授乳中の服用も原則禁止です。
母乳に有効成分が移行する可能性があるため、やむをえず服用する場合は授乳を中断するなどの対処が必要です。

使用上の注意

※以下の医薬品を服用中の人は、アジーの服用について医師に相談してください。

  • 強心薬(ジゴキシンなど)
  • 免疫抑制剤(シクロスポリンなど)
  • 制酸剤を含む胃腸薬
  • メシル酸ネルフィナビル

※以下に当てはまる人は、アジーの服用に注意が必要です。

  • 妊婦、産婦
  • 重度の肝臓病
  • アレルギー体質

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 12件のレビュー
  • 複数の人とセックスする可能性が高い人は持ってた方がいいかも!
    常備しておけばいざという時、どれ選べばいいのか選び方に悩まなくていいですよ。
    まあ、私は前に病院でもらっていたから悩まなかったんですが。

  • 20代ぶりに性病に。ほんとにショック。
    最近やりたい欲が再発していて、もしもの時のためにと事前準備でアジーを買っていた自分を褒めたいです。
    効果はもうさすがって感じです。おりものの強烈な臭いもなくなりました。
    明日は効果があったかどうか、このままセックスしてもいいか検査しに行く予定です。

  • 一度扁桃炎かかって高熱が出て全然動けなくなりました。
    一人暮らしだし、また扁桃炎にかかったら身体的にも精神的にもきついと思うから、
    アジーを買いました。
    通販で買えるのはマジで神。

    今は扁桃腺に痛みを感じたらすぐに飲むようにしています。
    アジーを飲んだら2日くらいで痛みが治るけど、毎回下痢になるんですよね。
    出やすい副作用らしいから仕方ないんだけども。

    下痢以外の副作用はあまり気にならないし、
    痛み&扁桃炎になるよりは断然マシかな。

    効果とか副作用とか人によって変わるらしいから、
    自分にあった薬の量を飲むことが大切だね。
    かかりつけ医がいる人は、医者に聞いてもいいかも。

  • クラミジアを繰り返してしまうので、
    アジーを常備しています。
    以前クラミジアの治療で病院に行った際に、
    胃腸が弱いと伝えると
    1日に250mgを2錠服用し、3日間続けてください
    と言われました。
    胃腸が強い方なら
    1日に1000mg服用しても大丈夫だと思います
    が、個人差があるので、飲み方はかかりつけの医師に聞いた方がいいかもしれませんね。

  • 風俗遊びが好きなので、予防のために買ってありました。案の定、ペニスが痒くなって尿道から少しウミのようなものが…。すぐにアジーを服用しました。薬を買っておいてよかった!

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次