新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:10件

1,790

サイズ
数量
シタロプラム

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Actavis(アクタビス)
発送国 シンガポール
効果・効能 セロトニンの働きを高めて精神的不安を緩和させます
有効成分 エスシタロプラム
用法・用量 1日1回、エスシタロプラムとして10~20mgを夕食後に服用します
作用時間
副作用 めまい、倦怠感、動悸、口の渇き、排尿障害など
禁忌・注意 MAO阻害薬やピモジドとの併用は禁止されています
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

セロトニンの働きを高めて精神的不安を緩和させます

シタロプラムはアクタビス社が製造・販売を行なう抗うつ剤で、日本でも有名なレクサプロのジェネリックです。

有効成分エスシタロプラムはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。
精神のバランスの維持に欠かせない脳内分泌物質セロトニンは、役割を終えると再吸収されるのですが、エスシタロプラムはセロトニンの再吸収を阻害する作用があります。

従来の抗うつ剤はセロトニン以外の脳内分泌物質の再吸収も阻害してしまい、口渇や便秘といった副作用が起こりやすいという難点がありました。
しかしSSRI系の抗うつ剤はセロトニンにのみ作用するため、副作用が最小限に抑えられています。

うつ病以外の精神疾患にも有効です

精神疾患による不安や落ち込みといった症状は、脳内分泌物質の乱れが原因の1つとして考えられます。
セロトニンには他の分泌物質をコントロールする働きがあるのですが、ストレスなどが原因で分泌量が変動すると、あらゆる精神症状を引き起こしてしまうのです。

シタロプラムはセロトニンの再吸収を防ぎ、脳内のセロトニン濃度を上昇させます。
先発薬であるレクサプロはあらゆる精神疾患に適応していて、世界中で広く普及している抗うつ剤です。
うつ病だけではなく摂食障害や強迫性障害、社会不安障害、パニック障害などに有効で、ジェネリックであるシタロプラムにも同等の効果があります。

用法・用量

1日1回、エスシタロプラムとして10~20mgを夕食後に服用します

通常、1日1回水かぬるま湯で服用します。
最初は10mg(20mg錠の半分)から服用を始め、2~4週間ほど様子を見てください。
効果が弱い場合は1回の服用量を20mgに増やしてください。

症状の程度によって用法・用量は変わります。
服用を始める前に医師に相談しましょう。

用量を超えて服用してはいけません

1日に服用できる最大用量はエスシタロプラムとして20mgまでです。
40mg錠がありますが、半分にカットして20mgとして服用してください。

多量に服用しても作用が大きくなるわけではありません。
強い副作用が出る恐れもあるため、1日に20mgを超えて服用しないよう気をつけましょう。

副作用

めまい、倦怠感、動悸、口の渇き、排尿障害など

SSRI系の抗うつ剤は副作用が少ないとされていますが、QT延長やセロトニン症候群といった副作用が起こる恐れがあります。
めまいや動悸などの症状が見られた場合、すぐに服用を中止し、かかりつけの病院を受診しましょう。

禁忌・注意

MAO阻害薬やピモジドとの併用は禁止されています

MAO阻害薬またはピモジドとは併用できません。
またQT延長がある人や、過去にシタロプラムに対して過敏症の既往歴がある人の服用も禁止です。

重篤な副作用が起こる恐れがあるため、うつ症状の治療を希望する場合は専門の医療機関を受診してください。

※以下の医薬品はシタロプラムとの併用時に注意が必要です

トラマドール塩酸塩、リネゾリド、SSRI、三環系抗うつ薬、イミプラミン塩酸塩、リスペリドン、オメプラゾール

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 10件のレビュー
  • シタロプラムはレクサプロのジェネリックなので購入。選び方に悩んだら安い方を選んでしまいますね。

  • 定期的にシタロプラム×140錠のセットを購入しています。
    140錠もあればしばらくはもちますし。
    ゆくゆくは減量できればいいなって思っていますが、まだできそうにないので僕はシタロプラムにまだ頼る必要があります。
    パラリンピックとコロナの3つが重なって、今回は届くのに時間がかかったようですが、海外通販なのでそこはもう許容するしかないと思っています。

  • 私の飲み方遍歴書いときますね。

    最初は10mgを夕食のシメに飲んでました。当たり前に数日は副作用でました。飲み始めから3ヵ月くらいは10mg飲んでました。

    でも朝の気分の落ち込みがひどくて、3ヵ月後には15mgに増量しました。ここでもやっぱり副作用ありました。それに今までは20mgを半分にカットして飲んでたんですが、それをまた半分にカットする、要は4分割ですね、その面倒な工程がプラスされたのはちょいとめんどくさかったかな。でもその分落ち込み度合いは減った。

    そこから2ヵ月くらいして10mgに戻しました。今は10mgでひとまず落ち着いています。様子見ながらもう少ししたら減薬していこうか検討中です。

    とりあえず私の飲み方なので参考程度にしてください。

  • 夕食後に20mgを服用しています。副作用の心配をしていましたが、そこまでひどい症状はなく時々眠気が出るくらいでした。
    外に出たくないと思い病院にも行けていませんでしたが、シタロプラムのおかげで安定してきています。

  • 飲み続けて効果を実感し、とても落ち着いてきています。びくびくしながら生きていましたが、そんな生活からも少し解放されそう…。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次