新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:29件

4,490

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

パキシル  20mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
20mg × 28錠 10%割引 5,000円
定価 5,000円
4,490円
(160円/1錠)
160円
20mg × 56錠 19%割引 10,000円
定価 10,000円
8,090円
(144円/1錠)
144円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー GlaxoSmithKline plc(グラクソスミスクライン)
発送国 香港
効果・効能 脳内のセロトニン量を増やして、気持ちを落ち着かせます。
有効成分 パロキセチン
用法・用量 1日1回適量を夕食後に服用します。
作用時間
副作用 傾眠、めまい、嘔気など
禁忌・注意 MAO阻害剤やピモジド、本剤に過敏症のある人は服用できません。
関連検索

おすすめポイント

こんな人に適しています

商品詳細

効果・効能

脳内のセロトニン量を増やして、気持ちを落ち着かせます。

パキシルは病院処方のある抗うつ剤です。
抗うつ剤にはいくつかのカテゴリーがあり、パキシルは選択的にセロトニンへと作用するSSRIに分類されます。
ターゲットへピンポイントに作用するため、他の物質への影響が少なく副作用が出にくいというのが特徴です。

うつ病は脳内伝達物質のバランスの崩れが原因の1つではないかと言われています。
セロトニンはそんな脳内伝達物質の1つに上げられており、通称幸せホルモンとも呼ばれていて精神の安定に欠かせないホルモンです。
不足することで不安感や緊張感を抱くようになりうつ病になります。

パキシルを服用するとセロトニンが神経へと回収されるのを阻止します。
脳内に留まるセロトニンの量が増えるため、バランスが安定して気持ちが落ち着くのです。

パキシルはうつ病だけでなくパニック障害や不安障害、強迫障害にも効果的です。

用法・用量

パキシルは使用目的に応じて用法用量が定められています。

・うつ病、うつ状態
1日1回夕食後に20~40mgを服用します。
服用量は10~20mgから開始し、1週間ごとに10mgずつ増量してください。
1日40mgを超えない範囲で症状に応じて服用量を増量していきます。

・パニック障害
1日1回夕食後に30mgを服用します。
10mgから服用を始め、症状により1週間ごとに10mgずつ服用量を増やしていきます。
1日の最大摂取量は30mgです。

・強迫障害
1日1回夕食後に40mgを服用します。
20mgから服用していき、効き目の程度によって1週間ごとに10mgずつ増量します。
増量は1日50mgを超えない範囲で行ってください。

・社会不安障害
1日1回夕食後に20mgを服用します。
服用は1回10mgから行い、1週間の間隔をあけて10mgずつ服用量を増やして行きます。
症状に応じて服用量を調節しますが、1日40mgを超えないようにしてください。

・外傷後ストレス障害
1日1回夕食後に20mgを服用します。
1回10~20mgより飲み始め、効果が感じられない場合は1週間以上の間隔をあけて10mgずつ増量します。
1日の摂取量の上限は40mgです。

※症状により摂取量が異なるため、服用前に必ずかかりつけ医に相談してください。

参照

パキシルの効果・効能、用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

傾眠、めまい、嘔気、倦怠感、ほてり、便秘、発疹、霧視、視力異常、性機能異常など

主に見られる副作用は傾眠(23.6%)です。めまいや嘔気といった症状も10%以上の発現が報告されています。
これらの副作用に注意し、身体に不調が見られた場合は服用を中断してただちに病院を受診してください。

禁忌・注意

本剤の成分にアレルギーのある人はパキシルを服用しないでください。
MAO阻害剤またはピモジドとパキシルの併用は禁止です。

次の項目に該当する人はパキシルの服用前に医師へ相談をし、慎重に投与してください。

  • 精神疾患のある人(躁うつ病、統合失調症、併存障害)
  • 自殺念慮または自殺企図の既往または自殺念慮のある人
  • てんかんの既往歴のある人
  • 緑内障のある人
  • 出血傾向または出血性素因のある人
  • 高齢者(65歳以上)
  • 抗精神病剤をはじめとする医薬品を服用している人

参照

パキシルの副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

低価格で購入できるパキシル・ジェネリック

パキシルは先発薬のため、価格が高くなっています。
同じ有効成分・パロキセチンを配合したパキシル・ジェネリックは、パキシルと同様の効果と安全性をパキシルよりも低価格で購入できるため、コスパのよい治療が叶います。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 29件のレビュー
  • 病院行けなった時用に持ってるけど、病院のと同じように30mgを寝る前に飲む飲み方してる。

  • 普通に眠れるようになったし、笑うようにもなった。自覚するまでにかなり時間かかったけど、今はちゃんと自分が病気って自覚しているから薬もちゃんと効果があるように感じるのかななんて思ったりもする。

  • 抗うつ剤の選び方って自分では考えたことなかったけど、このサイトの説明ページはわりと参考になりました。
    もともとパキシルユーザーだったので迷わずに注文しましたが、三環系とか四環系も試してみたくなりました。

  • パキシルを通販し始めてもう1年近く。
    通院してますけど、やっぱり通販でも買っちゃいますね。
    去年は届くのに2ヵ月近くかかってたけど、今回は3週間くらいで届いたかな。
    パニック持ちには欠かせません。

  • 体に合う合わないはあるでしょうが、わたしはパキシルがいちばん体に合っています。一時は病院からパキシルの処方がとまり、他の薬に変えられた時はしんどかったです。今はこうやって自分で判断して購入できて、かつ治療生活も順調にいっているので、やっぱりわたしにはパキシルノ効果が必要です。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
パキシル

パキシル

4,490円

購入する