新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:22件

3,600

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

オリザ 10mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
10mg × 100錠 5%割引 3,800円
定価 3,800円
3,600円
(36円/1錠)
36円
10mg × 200錠 10%割引 7,600円
定価 7,600円
6,850円
(34円/1錠)
34円
10mg × 300錠 10%割引 10,800円
定価 10,800円
9,740円
(32円/1錠)
32円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Intas Pharmaceuticals Ltd(インタスファーマ)
発送国 香港、シンガポール、インド
効果・効能 神経伝達物質の分泌を抑えて、気持ちを落ち着かせます。
有効成分 オランザピン
用法・用量 1日1回、水またはぬるま湯で服用します。 (服用量は症状によって異なります。)
作用時間
副作用 傾眠、体重増加、不眠など
禁忌・注意 糖尿病患者または既往歴のある人、本剤の成分にアレルギーのある人などは服用できません。
関連検索

おすすめポイント

従来の治療薬のこんな症状に悩んでいる人におすすめ

商品詳細

効果・効能

神経伝達物質の分泌を抑えて、気持ちを落ち着かせます。

オリザはジプレキサのジェネリック医薬品です。
統合失調症や双極性障害の治療薬として使用されています。
有効成分はオランザピンで、非定型抗精神病薬(第二世代)に分類され副作用の錐体外路症状(手の震え、身体が硬くなるなど)の発現率が低いというのが特徴。

統合失調症の原因はまだ明らかになっていませんが、脳内伝達物質の過剰分泌や極度なストレスが関係しているのではないかとされています。
オリザは脳内伝達物質の分泌量を抑えて、脳を落ち着かせる作用があります。

統合失調症に関係している脳内伝達物質の1つがドーパミン。
ドーパミンは向上心や学習能力、運動機能に関与する伝達物質です。
過剰に放出されると統合失調症になってしまい、陽性症状(幻覚や妄想など)が出てしまいます。

オリザはドーパミン受容体に働きかけてドーパミンの分泌量を調節。
脳内の伝達物質のバランスを整えることで陽性症状を緩和します。

また定型抗精神病薬(第一世代)に比べ、陰性症状(感情の平板化や意欲の欠如など)に対する効果も高くなっています。

用法・用量

オリザは症状によって服用方法が異なります。

・統合失調症の場合
1日1回5~10mgを服用します。
継続して服用する場合は1日1回10mgです。
年齢や症状によって摂取量は増減できますが、1日の摂取量は20mgを超えないでください。

・双極性障害における躁症状の改善の場合
1日1回10mgを服用します。
年齢や症状によって服用量は調節可能です。
1日量が20mgを超えてはいけません。

・双極性障害におけるうつ症状の改善の場合
1日1回5mgから服用を開始し、その後1日1回10mgに増量します。
服用は就寝前に行ってください。
年齢や症状によって摂取量は変化しますが、1日の服用量は最大20mgまでです。

・抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状の場合
1日1回5mgを服用します。
身体の状態によって適宜増量します。
1日の最大摂取量は10mgです。

アルコールと一緒に飲んではいけません

オリザとアルコールを同時に飲んではいけません。
中枢神経への作用をオリザとアルコールは持っており、併用することでお互いの作用を増幅させてしまいます。
作用が大きくなると副作用が出やすくなってしまうため危険です。
オリザを服用する場合は飲酒は避けましょう。

参照

効果・効能、用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

傾眠、体重増加、不眠、動悸、便秘、口の渇き、月経異常、排尿障害、倦怠感など

重大な副作用として高血糖・低血糖・悪性症候群・肝機能障害などが報告されています。
高血糖の症状(口の渇き・多飲・多尿・頻尿など)、低血糖の症状(脱力感・倦怠感・冷や汗など)に十分注意し、身体に異常を感じた場合は服用を中断してください。

症状が治まらなかったり重くなっていったりする場合は、ただちに病院を受診しましょう。

禁忌・注意

  • 昏睡状態の人
  • 中枢神経抑制剤の影響を受けやすい人
  • 糖尿病患者または既往歴のある人
  • 本剤の成分にアレルギーのある人
  • アドレナリンを投与中の人

使用上の注意

上記にあてはまる人は症状を悪化させる恐れがあるためオリザの服用は禁止とされています。

次にあてはまる人はオリザを服用する前に医師へ相談してください。

  • 自殺念慮または自殺企図の既往、自殺念慮のある人
  • 脳の器質的障害のある人
  • 衝動性が高い併存障害のある人
  • 尿閉、麻痺性イレウス、閉塞隅角緑内障のある人
  • 痙攣性疾患または既往歴がある人
  • 肝障害のある人または肝毒性のある薬剤治療を受けている人
  • 高齢者

次の医薬品とオリザを併用する場合は、医師の指導が必要となります。

  • 中枢神経抑制剤
  • 抗コリン作用を有する薬剤
  • ドパミン作動薬
  • フルボキサミン
  • シプロフロキサシン塩酸塩
  • カルバマゼピン
  • オメプラゾール
  • リファンピシン

参照

副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

オリザで効果を感じなかった場合には…

統合失調症の治療で初めから自分に合った薬を見つけられる人もいれば、薬の変更を重ねて自分に合った薬を見つけられる人もいます。
オリザで効果を感じられなかった人は、オリザとは異なる有効成分を配合した抗精神病薬への変更を検討してみましょう。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 22件のレビュー
  • 即入院からの退院、通院生活からの現在は通販生活にまで復活。病院で指示を受けていた通りの飲み方で飲んでいますけど、いっていを保てている気がするのでちゃんと飲み方が体に合っているんだと思います。

  • 効く時と効かない時があるんだよなー。なぜ?そいえば病院からジプレキサもらってた時もそんなことがあった。最近じゃ、効かない時の方が多いんだよな―。

  • ジプレキサを処方してもらっていたので、選び方は必然的にオリザという結果に。病院の薬との違いもないと思うので、選び方正解だったなという感じです。

  • ジプレキサは太るっていうのを何かで見たことがあったけど、同じ成分でもオリザは大丈夫そうです。太るっていうのはただの噂でジプレキサももしかしたら太らないのかもだけど…とりあえず太るのを心配していたので、オリザが違うっぽくて安心しました。

  • まだ2~3回飲んだだけですので、あまり感想はいえませんけど、海外から送られてくる通販だからか結構時間はかかった気がします。自分は双極につかってます。特にアガっている気分を沈めてくれるのでなんでもかんでも仕事の案件受けては結局納期の時期になったらうつがきて、なんにも手がつけられなくなるみたいなのも少なくなりました。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
オリザ

オリザ

3,600円

購入する