新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:11件

3,140

サイズ
数量
ザイロリック

商品概要

カテゴリ 生活習慣病      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー GlaxoSmithKline plc(グラクソスミスクライン)
発送国 シンガポール・インド
効果・効能 尿酸の生成を抑え、痛風発作を予防します
有効成分 アロプリノール
用法・用量 1日200~300mgを、2~3回に分けて食後に服用してください
作用時間 17~30時間
副作用 発疹、食欲不振、胃の不快感、倦怠感など
禁忌・注意 有効成分にアレルギーがある人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

尿酸の生成を抑え、尿酸値(pH)を正常に近づけます

ザイロリックは、痛風や高尿酸血症の改善に用いられる尿酸生成阻害薬です。

尿酸が血中で増加しすぎると、結晶化して関節に溜まっていきます(=尿酸塩結晶)。
結晶が関節液の中にはがれ落ちると、体に有害なものとして白血球が処理を始めます。

痛風発作は白血球の働きによって生じる炎症なので、尿酸の生成量を減らして結晶化を抑えることが発作の予防に繋がります。

痛風に対する有効率は88%、高尿酸血症は86%です。(※ ザイロリック|臨床成績

尿路結石の予防・改善にも有効です

健康な人の尿のpH(体内の酸~塩基平衡を示す指数)は4.8~7.5のあいだで、平均値6.0の弱酸性に保たれています。

尿が酸性化(pH4.5)すると結石を生じやすくなり、腎臓や尿管、尿道、膀胱などでできた結石は腹部の痛みや血尿といった症状の原因となります。

ザイロリックが尿酸の生成を抑えることで、液や尿の尿酸値を正常に近づけて結石の生成を予防します。

作用の持続時間について

アロプリノールが体内で代謝されるのにかかる時間はおよそ1.2時間です。
しかしアロプリノールは体内に入るとすぐに、オキシプリノールという物質へと代謝されます。
アロプリノールがオキシプリノールに変わることで尿酸生成阻害作用を発揮するため、ザイロリックの作用時間は17~30時間とみなされています。

用法・用量

1日200~300mgを、2~3回に分けて食後に服用してください

服用開始期は尿酸値の急激な変動により痛風発作が起こりやすくなるため、はじめの1週間は1日の服用量を100mgに留めてください。
痛みが起こった場合は、コルヒチンや非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド剤を併用して構いません。

※300mg錠の場合は錠剤をピルカッターで分割し、成分量を調整する必要があります。

1日の尿量は2リットル以上が望ましいとされています

尿酸は腎臓から尿として排泄されます。
尿酸結石を予防するため、1日あたり2リットル以上の尿量が望ましいとされています。

ザイロリックを服用しているあいだは、こまめな水分摂取を心がけましょう。

飲み忘れに気づいた場合

飲み忘れた場合は、気づいた時点ですぐに服用します。

ただし次の服用タイミングが近い場合、1回で2回分をまとめて飲むことは禁止されています。
1回分はとばして、定められた用法用量で服用を再開してください。

副作用

発疹、貧血、腎機能障害、胃腸症状、むくみ、倦怠感など

重篤な副作用として、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、はく脱性皮膚炎などの皮膚症状が起こる可能性があります。
発熱や発疹が起きた場合は重症化の恐れがあるため、ただちに服用を中止して医師へ相談してください。

禁忌・注意

有効成分にアレルギーがある人・妊娠中の女性は、ザイロリックを服用できません

急性痛風発作が起きた場合、発作が治まるまでは服用しないでください。

使用上の注意

アザチオプリン、メルカプトピリン、ビダラビン、ワルファリンカリウム、クロルプロパミド、シクロスポリン、アンピシリン、ペントスタチンなどを服用している人は、ザイロリックとの併用に注意してください。
また、代謝機能が低下している人(腎機能障害がある人、高齢者)はザイロリックの服用について医師へご相談ください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 11件のレビュー
  • ザイロリックは人生における友のような存在。
    一時は「ケチケチせんと高用量で出してや」って医者に言ってたけど、
    「そんな飲み方したら大変なことになるんだが」って怒られたこともあり、
    今は慎重に量を調整しながら飲んでいる。
    やはりその道のプロを説得するには技量が必要らしい。

    だがしかし、
    どうやらザイロリックの高用量投与は普通に危ないらしい。
    初期はもちろん100mgからスタートし、今は200mgにとどめている。
    300mgはあなたには多すぎますので、
    と医者に言われたのを思い出したからである。

    重症の人は飲み方に気をつけつつ増量するのもありだとおもうが、
    私は200mgで十分マンなので、今のところはそれで満足している次第だ。
    あの医者は元気にしているだろうか。

  • ザイロリックを飲み始めてから、尿酸値がギリギリ正常値まで下がりました。
    副作用も出ておらず、安心して服用できています。

    痛風の発作は恐ろしいほどに痛いだけなので、
    発作が出ないよう生活習慣も改善しながら、ザイロリックの服用を続けていこうと思っています。

  • アルコール、肉が大好きすぎて痛風を発症。マジで痛すぎてこの世の終わりだと思った。
    友達が勧めてくれたザイロリックを飲んで、発作予防しているよ。効果があるのか、全然発作が起こらなくなった。ありがてぇ。

  • 去年の健康診断で痛風予備軍と言われてしまった…。絶望だったけど、ザイロリックに出会ってからは、尿酸値が平常にもどった!
    今のところ痛風にはかかっていないから効果あると思う!これからも痛風から守ってもらいます。

  • コロナの自粛生活で、運動不足&食生活が乱れてしまい痛風を発症しました。病院に行って薬を貰ったんですが、今は落ち着いています。
    あの痛さは忘れられない…。尿酸値を下げるためにザイロリック購入しました。今のところ平均値を維持しているので、効果はあると思います。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次