新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:15件

3,100

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

エイリップMT 5mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
5mg × 100錠 11%割引 3,500円
定価 3,500円
3,100円
(31円/1錠)
31円
売り切れ
5mg × 150錠 10%割引 3,750円
定価 3,750円
3,360円
(22円/1錠)
22円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Torrent Pharmaceuticals Ltd(トレントファーマ)
発送国 シンガポール、インド
効果・効能 統合失調症、双極性障害(躁状態)、うつ病の症状改善
有効成分 アリピプラゾール
用法・用量 症状によって異なります
作用時間 約60時間
副作用 アカシジア、不眠、不安・焦燥感の悪化など
禁忌・注意 アバルビツール酸誘導体・麻酔薬などを使用している、アドレナリン投与中、糖尿病を患っている人は服用禁止
関連検索

おすすめポイント

こんな時に使われます

商品詳細

効果・効能

統合失調症、双極性障害の躁状態、うつ病などの症状を改善します

エイリップMTは第二世代の抗精神病薬・エビリファイのジェネリック医薬品で、非定型抗精神病薬に分類されています。

有効成分はアリピプラゾールで、統合失調症の治療薬として開発されました。
アリピプラゾールの働きは、脳内物質・ドパミンの分泌量のコントロールです。
ドパミンが過剰な時には量を抑え、不足している時には補うことで、心のバランスを整えることができます。

ほかの抗精神病薬と比べて副作用は少なめですが、その分鎮静作用も弱いのが特徴。
そのため統合失調症の中でも、幻覚や妄想などの陽性症状が落ち着いたあとの慢性期(意欲や感情の低下が著しい時期)に使用されることが多い薬です。

統合失調症以外での効果

エイリップMTの成分・アリピプラゾールのドパミン調整作用は、統合失調症以外の精神疾患にも有効です。
効果が認められているのは、双極性障害・うつ病・自閉症スペクトラム障害など。
アリピプラゾールの働きは、摂取量によってコントロールされます。

摂取量 効果 改善の度合い
高用量 躁(気分の高まり)を抑える やや強い
低用量 うつ症状を抑える やや弱い

低用量の投与では落ち込んだ気分を持ち上げ、高用量では過剰に高まった気分を落ち着かせる効果があるほか、感情の浮き沈みを穏やかにし安定させる働きもあります。

用法・用量

症状ごとに確認が必要です

【統合失調症の場合】
6~12mgから服用を始め、2週間ほど経過したら6~24mgを維持します。
服用回数は基本的に1日1回ですが、2回に分けて服用する場合もあります。
1日の最大摂取量は30mgです。

【双極性障害(躁状態)の場合】
24mgから服用を始めます。
症状が落ち着きを見せたら、12~24mgを維持します。
服用回数は1日1回で、最大摂取量は30mgです。

【うつ病の場合】
3mgから服用を始め、1日1回、朝に服用します。
1日の最大摂取量は15mgです。

服用量とタイミングの違い

統合失調症や躁状態の治療では、高用量から服用を開始します。
症状をしっかりと落ち着かせたうえで、その後の状態に応じて少しずつ服用量を減らしていきます。

うつ病やうつ症状の場合には、低用量で気分の落ち込みを緩和させます。

高用量の場合は夕食後の服用、低用量では朝食後の服用が推奨されています。
作用の持続時間が長いため服用回数は1日1回が基本ですが、症状や体調に応じて2回に分けて服用するケースもあります。

参照

エイリップMTの効能・効果、用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

アカシジア、不眠、不安の高まり、体重増加など

エイリップMTの服用開始時期には、アカシジア(錐体外路症状)と不安や焦燥感が強まる賦活症候群に注意が必要です。

アカシジアは、ソワソワとしてじっとしていられない・体を動かし続けてしまうといった症状。
服用量に関わらず現れる可能性があり、アカシジアが出た場合には抗不安薬や抗コリン薬などで症状を抑える、またはほかの治療薬に変更するといった対処をとります。

不安や焦燥感が急に強まった場合には、服薬を中止します。

服用を続けることで現れる副作用

エイリップMTの服用を続けていると、眠気の強まりや倦怠感を感じることがあります。
また、糖代謝の異常による体重増加や糖尿病、低血糖、多尿などの恐れもあるため、すでに糖尿病を患っている人は服用できません。

重篤な副作用

発症頻度はまれですが、エイリップMTの服用により重大な副作用を生じる可能性があります。

・悪性症候群
無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗、腎機能の低下など

・遅発性ジスキネジア
口の周りに不随意運動(無意識で体が動くこと)が起こる

・麻酔性イレウス
食欲不振、悪心・嘔吐、激しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩などの腸管麻痺症状

・アナフィラキシー
むくみ、発疹、黄疸など

これらの症状には医師による適切な処置が必要です。
異変に気づいたら、医療機関を受診してください。

禁忌・注意

エイリップMTの服用が禁止されている人

  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある
  • アリピプラゾールにアレルギーがある
  • 糖尿病患者
  • バルビツール酸誘導体や麻酔薬、アドレナリンを投与されている

エイリップMTの服用に注意が必要な人

  • 心血管系の疾患がある
  • てんかんや痙攣性疾患の既往歴がある
  • 家族に糖尿病患者がいる
  • 肥満や脱水、不動状態が続いている
  • 自殺念慮がある
  • 脳に器質的な障害がある

参照

エイリップMTの副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

急性期に用いる抗精神病薬

エイリップMTは鎮静作用が弱いため、興奮を伴う陽性症状が顕著に出る急性期ではあまり効果を発揮しません。そのため、陽性症状に悩んでいる人は定型抗精神病薬や急性期にも用いることができる非定型抗精神病薬が使用されます。
定型抗精神病薬▶ソリアン
非定型抗精神病薬▶オリザ、リスコン
※薬を変更する場合は、医師にご相談ください。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 15件のレビュー
  • やっぱり1mgより3mgの方が強いんだなー。1mgではあんまり変化なかったけど、そう言えば3mgに変えてから頭の中の会話とか誰かに見られてる感じが無くなった。このまま何事もなく・増量もなく過ごせたらいいなー。

  • 毎朝、10mgを飲んでいましたが日中に眠気に襲われます。なので飲み方を見直して就寝前に服用タイミングを変更すると眠気なく過ごせました。

  • メンタルクリニックでエビリファイを処方してもらっていたんですが、先生が変わってしまい個人輸入で購入することにしました。このサイトでエビリファイと検索したら3種類くらい出てきたんですが、エイリップMTが一番口コミが多かったので使っている人が多い方が安心だなという選び方です。効果も変わらないし先生に会わなくても薬が手に入るので便利です。

  • 不安やイライラが落ち着きます。病院で処方されてたものと同じ効果。通販で薬を買うのは危険!って言う人もいますが、効果がある薬で治療を続けられるので私は安全だと思います。

  • 病院のと同じようにアカシジアがありました。いつものことだからと自分を落ち着かせながらの服用になりましたけど、事前に知っていた副作用だったので焦りまくるなんてこともなく。他の人から見たら行動はあせっているように見えると思うんですけど。じっとしていられないのが1日2時間くらい続いた時もあったけど、今は安定しているのか普通です。たぶん最初に飲んでいた量が多かったのかな。今は当初よりも少なくして飲んでいます。その量があっているんだとおもいます。とりあえず一時的なもので安心しました。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
エイリップMT

エイリップMT

3,100円

購入する