新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:91件

ご注文数によっては外箱なしで発送される場合があります。

ご注文数が少ない場合には外箱が付属せず、中身のみのお届けすとなる場合がございます。
あらかじめご了承下さいませ。

1,690

サイズ
数量
イベルヒール(イベルメクチン・ジェネリック)

商品概要

カテゴリ 性病・感染症の治療薬      
在庫

在庫あり

ご注文数が少ない場合には外箱が付属せず、中身のみのお届けすとなる場合がございます。
あらかじめご了承下さいませ。

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Healing Pharma(ヒーリングファーマ)
発送国 インド
効果・効能 寄生虫による疥癬や糞線虫症を改善します
有効成分 イベルメクチン
用法・用量 体重1kgあたり、約0.2mgを目安に服用します
作用時間
副作用 悪心、吐き気、めまい、下痢、腹痛、かゆみ、発疹など
禁忌・注意 妊娠中の女性、体重15kg以下の子供は服用を控えてください
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

寄生虫による疥癬や糞線虫症を改善します

イベルヒールは、寄生虫駆除薬・ストロメクトールのジェネリック医薬品です。
有効成分のイベルメクチンが、人体に入り込んだ寄生虫やダニを麻痺・死滅させ、腸管奮線虫や疥癬といった症状を改善します。

寄生虫駆除以外に、細胞内におけるウイルスの複製を抑える抗ウイルス作用も認められています。
抗ウイルス薬としての商品化は実現していませんが、新型コロナウイルス(COVID-19)やHIVやテング熱などへの効果が期待されています。

新型コロナウイルス感染症に対する効果について

新型コロナウイルスに対するイベルメクチンの治験は、世界中で実施されています。
日本では、イベルメクチンを発見した大村智博士が在籍する北里大学や興和株式会社による研究が進められています。

【新型コロナウイルスに対して期待される効果】
・ウイルスの増殖・複製を阻害
・ウイルスへの感染や発症の予防
・感染後の重症化および死亡率の低下

治験では新型コロナウイルスによる死亡率の低下が認められているほか、感染や発症の予防に対する有効性も示唆されています。
しかしWHO(世界保健期間)をはじめ、各国の政府や日本の厚生労働省によるコロナ治療薬としての承認は得られていません。

参照

イベルメクチンのコロナウイルスに対する有効性について、以下のサイトを参照しました。

用法・用量

体重1kgあたり、約0.2mgを目安に服用します

イベルヒールは、体重に合わせて摂取量の調整が必要です。

         
体重 服用量
45kg 9mg
50kg 10mg
55kg 11mg
60kg 12mg
65kg 13mg
70kg 14mg

腸管糞線虫症・疥癬の治療

腸管糞線虫症の場合
体重ごとの目安量を2週間間隔で2回、空腹時に水で服用してください。

疥癬の場合
体重ごとの目安量を1回のみ、空腹時に水で服用してください。

新型コロナウイルスの予防・治療

イベルメクチンは、予防か治療によって摂取量や服用期間が異なります。
また、効果が確認された治験では、イベルメクチン以外の医薬品・サプリメントが併用されています。

【予防目的】
・慢性予防
週1回、1回につき0.2mg/kgを食前または食後に服用
※地域での感染リスクが高い場合は、週2回服用します
・濃厚接触者となった場合の予防
0.2mg/kgを1回服用し、48時間後に2回目を同量服用します

予防時にイベルメクチンとの併用が推奨されている成分

【消毒薬】

  • うがい薬 1日2回

【免疫強化/支持療法】

  • 亜鉛     30~40m/日
  • ビタミンC  500~1,000mgを1日2回
  • ビタミンD3 1,000~3,000IU/日
  • ケルセチン  250mg/日
  • メラトニン  就寝前に6mg

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

【感染時の早期治療】
1回につき0.4~0.6mg/kgを食前または食後に服用
1日1回、5日間または回復するまで服用します
※次の場合は上限量を服用してください
・侵襲性の高い変異種(デルタ株など)が存在する地域
・症状が発現してから5日目以降、または肺炎が肺病期に治療を開始
・合併症や危険因子が多くある

治療時にイベルメクチンとの併用が推奨されている成分

【抗ウイルス剤】

  • ニタゾキサニド 1日2回500mgを5日間、食後に服用する

【消毒作用のある抗ウイルス剤】

  • 抗ウイルスうがい薬  1日3回のうがい
  • ヨード点鼻薬/点鼻液 1日2~3回、1%ポビドンヨードを点鼻

【抗凝固剤/免疫強化】

  • アスピリン 325mg/日
  • ビタミンD  5,000IU/日
  • メラトニン 就寝時に10mg

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

【補助的療法/相乗療法】

  • 亜鉛    100mg/日
  • ケルセチン 250mgを1日2回
  • ビタミンC  500~1,000mgを1日2回

【栄養療法】(14日間)

  • 蜂蜜       1g/kgを毎日
  • クルクミン    500mgを1日2回
  • ニゲラ・サティバ 80mg/kgを毎日

参照

イベルメクチンの新型コロナウイルス対策における用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

悪心、吐き気、下痢、めまい、腹痛、かゆみなど

発症はまれですが、重篤な副作用として中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、肝機能障害、血小板の減少などが報告されています。

禁忌・注意

妊娠中・持病がある・15歳以下の人は、服用について医師へ相談してください

  • イベルメクチンにアレルギーがある人は服用できません
  • 肝機能、腎機能が低下している人や高齢者は、服用について医師へ相談してください
  • 体重15kg以下の子供に対する安全性は認められていません

参照

イベルヒールの副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 91件のレビュー
  • 今まで気になってはいたものの色んな憶測の意見が飛び交っていたため、買うのを躊躇っていました。
    しかしこちらのイベルヒールの口コミの中にはリピーターの方もいらっしゃるようで…
    憶測で物を言っている人よりは、実際に飲んだ人の口コミの方が信用できるなと思い購入に踏み切りました。

    効果があるのかどうかはわかりませんが飲んでみた所、口コミでおっしゃっていた通り副作用は起こりませんでした。
    やはり実際の体験者の口コミほど頼りになるものはありませんね。
    信じて良かったです。

  • ツイッターで見てとうとう買ってしまいました。
    イベルメクチン派の話、体験談を聞いているとやっぱりこれしかないのでは?と思ってしまいます。おすすめされたから買ったわけではありません。そこはもちろんそうです…!
    自分でしっかり調べてきましたし、予防の効果も期待できるのはこれしなかいと思ったので。
    感染者爆発からのまん防という流れはもう飽き飽きです。自分の身は自分で守るしかありませんね。

  • イベルメクチンは、体重によって服用方法が変わるのでちゃんと確認しながら飲んでいます。
    去年、濃厚接触者になりましたが、イベルメクチンのおかげで感染はしませんでした。私の場合は体重が55kg前後なので1回の服用量は11mgですが、割るのが難しいので3mg×3と、3mgを半分に割った1.5mgを飲んでいます。(だいたい10.5mg)

  • また新たな株が出てきたとかで
    コロナ感染者が徐々に増えてきているので、慌てて注文しました。

    イベルメクチンが騒がれ始めた頃に比べて、
    実際に飲んで安全だった人が増えたからか
    「危険だなんだ」って叩かれることも減ったような…
    まあだからって絶対安全ってわけでもないんでしょうが…。

    ワクチンも2回目の効力薄れてきているそうなので、
    コロナ対策の選択肢を増やせるのはとてもありがたいことだと思っています。

  • 飲みきったので追加注文しました。功を成してかこれまでに感染した経験はゼロです。無症状になっている可能性もあるかもしれませんが、健康体のままです。
    飲み方がややこしいですが、しっかり海外の治験で出ている飲み方を信じて毎週飲んでいますよ。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
     

イベルヒール(イベルメクチン・ジェネリック)

イベルヒール(イベルメクチン・ジェネリック)

購入はこちら