新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:5件

5,390

サイズ
数量
ストロメクトール

商品概要

カテゴリ 性病・感染症の治療薬      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー MSD(メルクシャープアンドドーム)
発送国 シンガポール
効果・効能 腸管糞線虫症、疥癬の症状改善
有効成分 イベルメクチン
用法・用量 体重1kgあたり、0.2mgを目安に服用します ※1錠あたり3mgです
作用時間
副作用 悪心、下痢、吐き気、めまい、腹痛、かゆみ
禁忌・注意 イベルメクチンにアレルギーの既往歴がある人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

寄生虫やダニによる症状を改善します

ストロメクトールは駆虫薬のひとつで、寄生虫の神経や筋細胞に作用し、麻痺・死滅させる働きがあります。

おもに、疥癬(かいせん)と腸管奮線虫症(ちょうかんふんせんちゅうしょう)の治療に用いられます。

疥癬の症状
疥癬は、ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症です。
腹部、胸部、大腿内側など、ダニの寄生部位に激しいかゆみを生じます。
多数のダニが寄生する角化型疥癬と、ダニの数は少ないものの激しい痛みを伴う通常疥癬に分けられます。
角化型疥癬は重症型で、患部は灰白色の分厚い皮膚に覆われてひび割れた状態になることがあります。

腸管奮線虫症の症状
十二指腸や小腸上部の粘膜に寄生する奮線虫による感染症。
腹痛や腹鳴、軟便といった軽度の消化器症状が現れます。
寄生虫の数が多いと、下痢や食欲不振、嘔吐などを伴うこともあります。

新型コロナウイルスに対する抗ウイルス作用

ストロメクトールの有効成分・イベルメクチンには、ウイルスの侵入や増殖を抑える抗ウイルス作用があることがわかっています。
これまでもHIVやテング熱に対する有効性に期待されてきましたが、最近では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染および重症化の予防に一定の効果があるとして大きな注目を集めています。

新型コロナウイルスに対して期待されている効果
ウイルスの侵入を防ぐ=感染予防
ウイルスの増殖を阻害=重症化の予防
死亡率の低下

【1】ウイルスの細胞内への侵入を防ぐ

イベルメクチンは、ウイルス表面のSタンパクや細胞の受容体・ACE2に結合することで、ウイルスの細胞内侵入を防ぎます。

イベルメクチンがウイルスの侵入を防ぐ

【2】ウイルスの増殖を阻害する

ウイルスを細胞核内に運ぶ物質・インポーチンαやβに結合し、ウイルスの増殖を防ぎます。

イベルメクチンがウイルスの増殖を阻害class=

【3】重症化を防ぐ

細胞がウイルスに感染すると、免疫細胞から分泌される物質・サイトカインが免疫細胞を活性化させます。
しかし、ウイルスを抑えるためにサイトカインの過剰分泌(サイトカインストーム)が起こると、活発になった免疫細胞はウイルスに感染していない細胞まで攻撃してしまいます。
正常な細胞が減ってしまうと、ウイルス感染による症状の悪化・重症化が起こりやすくなります。
イベルメクチンにはサイトカインストームを押さえる働きがあり、重症化の予防に有用であると考えられています。

イベルメクチンがサイトカイストームを押さえ、重症化を予防

新型コロナウイルスの感染・重症化予防の効果

イベルメクチンを用いた治験は、アメリカをはじめ世界各地で行なわれれています。
新型コロナウイルス感染症による死亡率低下が確認されたほか、感染および発症の予防にも有効であることがわかっています。

予防 早期治療 後期治療
すべての研究
患者数18,931人
85%
(75~91%)
76%
(59~86%)
46%
(29~59%)
死亡率の結果
患者数7,690人
平均96%
(42~100%)
81%
(46~39%)
61%
(38~76%)

日本でも、イベルメクチンの発見者・大村博士が在籍する北里大学や興和株式会社が研究に携わっています。
新型コロナウイルスの治療薬としての期待が高まる一方で、WHO(世界保健期間)や各国の政府、日本の厚生労働省はコロナ治療薬として認めていません。

イベルメクチンの新型コロナに対する予防・治療効果は、個人で判断する必要があります。

参照

新型コロナウイルスに対する有効性について、以下のサイトを参照しました。

用法・用量

体重1kgあたり0.2mgを目安に、空腹時に服用します
感染症の種類により、服用方法が異なります

ストロメクトールの服用量は、体重によって判断します。
※ストロメクトールは、1錠あたり3mgです。

体重 用量
45kg 9mg
50kg 10mg
55kg 11mg
60kg 12mg
65kg 13mg
70kg 14mg

腸管糞線虫症の治療薬として

体重ごとの目安量を2週間に一度の間隔で2回、空腹時に水で服用してください。

疥癬の治療

体重ごとの目安量を1回のみ、空腹時に水で服用してください。
・重症の場合は2回服用します。
・再度症状が現れた場合には、追加服用を検討します。

新型コロナウイルスの予防・治療

感染の予防または初期治療によって、服用の方法や期間が異なります。
また効果を確認する研究では、ほかの医薬品やサプリメントの成分も併用されていました。

予防目的
体重ごとの服用量を食前または食後に服用し、48時間後にもう一度同量を服用します。
その後、週に一度のペースで服用します。

※濃厚接触者となってしまった場合の予防服用は、2回目で終了します。

【予防効果の発現時に併用されていた成分】

  • ビタミンD3  1,000~3,000IU/日
  • ビタミンC  500~1,000mgを1日2回
  • ケルセチン  250 mg/日
  • 亜鉛  30~40mg/日
  • メラトニン  就寝前に6mg

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

感染時の早期治療
1日1回、体重1kgあたり約0.2~0.4mgを食前または食後に服用してください。
5日間、または症状が回復するまでの期間、服用を続けます。

【治療効果の発現時に併用されていた成分】

  • フルボキサミン  50mgを1日2回、10~14日間服用
  • 霧状にしたエッセンシャルオイル  1日3回吸入(ヴェポラッブなど)
  • ビタミン D3  4,000IU/日
  • ビタミン C  500~1,000mgを1日2回
  • ケルセチン  250mgを1日2回
  • 亜鉛  100mg/日
  • メラトニン   就寝前に10mg
  • アスピリン  325mg/日(禁忌でない限り)

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

参照

イベルメクチンの新型コロナウイルス対策における用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

悪心、下痢、吐き気、めまい、腹痛、かゆみ、発疹など

腸管糞線虫症に対する臨床試験結果(国内)において、もっとも多く見られた副作用は、悪心と嘔吐(2%)です。

発症はまれですが、重篤な副作用として中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、肝機能障害、血小板の減少などが報告されています。

禁忌・注意

イベルメクチンにアレルギーの既往歴がある人は服用禁止です

  • 爪疥癬への投与は禁止されています。
  • 肝機能・腎機能が低下している人、高齢者は、服用について医師へ相談してください
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人、体重15kg以下の子供に対する安全性・有効性は確認されていません

参照

ストロメクトールの副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 5件のレビュー
  • ツイッター情報なので真相はわかりませんが、海外ではすでにイベルメクチン耐性がついたヒゼンダニが確認されているとのことです。
    わたしも安易に自分用にとストロメクトールを買ってしまい、先日届きましたが、基本的には寄生虫薬であることを忘れてはいけないですね。

    飲み方もコロナ対策で飲むのならまったく用法用量が異なりますし、ちゃんと注意してありがたく飲みます
    が、この情報を知ってちょっと反省しております。
    予防として飲むのであれば、他のサプリメントも揃えなければいけませんし、いろいろな物を併用して大丈夫なの?感はあります。

    今日飲んでの感想ですが、今のところ体に異変もない状態です。
    今の時点で売り切れ、ということは来年には疥癬治療薬・フィラリア予防としての在庫がなくなってしまうかも。
    わたしはワンコにもフィラリア予防として購入していた過去があるので、無事に在庫が復活することを祈っています。

  • 一昨日届いたので口コミしにきたんですが、在庫なしになってる!笑。
    先々週思い切って買った自分を褒めてやりたいですw。

    いろいろな通販サイトあったけど、どこも品切れみたいですね。
    昨日飲みましたが、今のところ体に異変なしです。

  • 157cm、体重57キロです。イベルメクチンがコロナの予防や重症化に効果があるとネットで見たのをきっかけに、このサイトでストロメクトールを買いました。注文して約3週間以内には自宅に届きました。
    57キロなので、服用量は11mgを飲んでいます。初めて飲む薬は、副作用が気になりますが、ストロメクトールを飲んだら下痢の症状が出ました。でも毎日のむわけじゃないので、そのまま飲み続けようかと思います。

  • イベルメクチンが今話題ですよね。
    イベルメクチンを有効成分にもつストロメクトールを見つけ、
    注文したら15日で到着しました。

    飲み方がちょっと面倒ですが、
    体重72kgなので3mg×5錠の15mgを服用しています。
    割るの大変だけど、
    コロナ予防のためだと思えば必死ですよ。
    重要なのは飲むときに他のサプリメントも購入しないといけないこと。
    注文するときはアマゾンでケルセチンや亜鉛などを事前に購入することをお勧めします。

  • ストロメクトールと検索すると農薬とかがヒットして、これじゃない!wwって思いながらもようやくちゃんとした通販サイトを発見w
    私が欲しかったのは農薬ではなくこれですw
    ちゃんと犬猫用ではなく、人間用のお薬だということもわかったので、即買い!
    日本の製薬メーカーである興和が年内にイベルメクチンを用いて治験を行うようですが、年内まで待てない!
    外国で効果があるとわかっているのなら、試すのみです。
    自主治験みたいなものですね。
    まだ子どもも3歳と9歳なので、コロナでは死にたくありません。
    旦那も私が使ってみて、問題なさそうなら飲んでみようかなと言っていました。
    私はこういう先取りには抵抗がない性格なんですが、
    万が一、夫婦共倒れしてしまってはアカンので、旦那にはまだ飲むのを我慢してもらっていますw

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次