新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

イベルスマート(イベルメクチン・ジェネリック)

  • ★★★★☆

  • レビュー:38件

1,690

サイズ
数量
イベルスマート(イベルメクチン・ジェネリック)

商品概要

カテゴリ 性病・感染症の治療薬      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Lecmaz(レクメズ)
発送国 インド
効果・効能 体内に侵入した寄生虫を駆除します
有効成分 イベルメクチン
用法・用量 体重1kgあたり、0.2mgを目安に服用します
作用時間
副作用 悪心、下痢、吐き気、めまい、腹痛、かゆみ、発疹など
禁忌・注意 イベルメクチンにアレルギーがある人は服用禁止
関連検索

おすすめポイント

商品詳細

効果・効能

イベルスマート(有効成分・イベルメクチン)は、体内に入り込んだ寄生虫やダニなどを麻痺・死滅させる駆除薬です。
日本国内では、商品名・ストロメクトールとして処方されています。

おもに、疥癬(かいせん)や腸管奮線虫症(ちょうかんふんせんちゅうしょう)などの治療に用いられています。

また、細胞内でのウイルス増殖を阻害する抗ウイルス作用も認められており、新型コロナウイルスの感染予防や治療に対する効果に期待が高まっています。

新型コロナウイルスに対する有効性について

有効成分・イベルメクチンは、細胞内におけるウイルスの増殖を抑える働きも認められています。
抗ウイルス作用による新型コロナウイルス(COVID-19ややHIV、テング熱への効果が期待されており、現在では世界各国で新型コロナに対する治験が進められています。

【新型コロナウイルスに対して期待できる効果】 ・ウイルスの侵入(感染)を防ぐ
・ウイルスの増殖(発症)を防ぐ
・感染後の重症化および死亡率を低下させる

【1】ウイルスの細胞内への侵入を防ぐ

イベルメクチンは、ウイルス表面のSタンパクや細胞の受容体・ACE2に結合することで、ウイルスの細胞内侵入を防ぎます。

イベルメクチンがウイルスの侵入を防ぐ

【2】ウイルスの増殖を阻害する

ウイルスを細胞核内に運ぶ物質・インポーチンαやβに結合し、ウイルスの増殖を防ぎます。

イベルメクチンがウイルスの増殖を阻害class=

【3】重症化を防ぐ

細胞がウイルスに感染すると、免疫細胞から分泌される物質・サイトカインが免疫細胞を活性化させます。
しかし、ウイルスを抑えるためにサイトカインの過剰分泌(サイトカインストーム)が起こると、活発になった免疫細胞はウイルスに感染していない細胞まで攻撃してしまいます。
正常な細胞の減少は、ウイルス感染による症状の悪化・重症化の原因となります。

イベルメクチンにはサイトカインストームを押さえる働きがあり、重症化の予防に有用であると考えられています。

イベルメクチンがサイトカイストームを押さえ、重症化を予防

新型コロナウイルスの治療・予防効果について

イベルメクチンを用いた治験では、新型コロナウイルスによる死亡率の低下が認められているほか、感染や発症の予防に対する有効性も示唆されています。

予防 早期治療 後期治療
すべての研究
患者数18,931人
85%
(75~91%)
76%
(59~86%)
46%
(29~59%)
死亡率の結果
患者数7,690人
96%
(42~100%)
81%
(46~39%)
61%
(38~76%)

しかしWHO(世界保健期間)をはじめ、各国の政府や日本の厚生労働省は、新型コロナ治療薬として認可していません。

新型コロナの予防・治療に対する効果は、現在行なわれている治験の結果から個人で判断する必要があります。

参照

新型コロナウイルスに対する効能・効果について、以下のサイトを参照しました。

寄生虫、ダニによる感染症について

疥癬とは?
ヒゼンダニによる皮膚感染症。
腹部、胸部、大腿内側などに激しいかゆみを生じます。
多数のダニが寄生する角化型疥癬と、ダニの数は少ないものの激しい痛みを伴う通常疥癬に分けられます。

腸管奮線虫症とは?
十二指腸や小腸上部の粘膜に寄生する奮線虫による感染症。
腹痛や腹鳴、軟便といった軽度の消化器症状が現れます。
寄生虫の数が多いと、下痢や食欲不振、嘔吐などを伴うこともあります。

用法・用量

体重1kgあたり0.2mgを目安に、症状ごとに指定された頻度で服用します

イベルスマートは、体重によって摂取量が異なります。

体重 用量
50kg 10mg
55kg 11mg
60kg 12mg
65kg 13mg

6mg錠や12mg錠をご購入の場合は、錠剤を分割して服用してください。

腸管糞線虫症の治療

体重ごとの目安量を2週間間隔で2回、空腹時に水で服用してください。

疥癬の治療

体重ごとの目安量を1回のみ、空腹時に水で服用してください。
重度の場合は2回服用します。

新型コロナウイルスの予防・治療

予防目的
体重ごとの服用量を食前または食後に服用し、48時間後にもう一度同量を服用します。
その後、週に一度のペースで服用します。

・効果発現の際に併用されていた成分

  • ビタミンD3  1,000~3,000IU/日
  • ビタミンC  500~1,000mgを1日2回
  • ケルセチン  250 mg/日
  • 亜鉛  30~40mg/日
  • メラトニン  就寝前に6mg

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

感染時の早期治療
1日1回、体重1kgあたり約0.2~0.4mgを食前または食後に服用してください。
5日間、または症状が回復するまでの期間、服用を続けます。

・効果発現の際に併用されていた成分

  • フルボキサミン  50mgを1日2回、10~14日間服用
  • 霧状にしたエッセンシャルオイル  1日3回吸入(ヴェポラッブなど)
  • ビタミン D3  4,000IU/日
  • ビタミン C  500~1,000mgを1日2回
  • ケルセチン  250mgを1日2回
  • 亜鉛  100mg/日
  • メラトニン   就寝前に10mg
  • アスピリン  325mg/日(禁忌でない限り)

※ビタミンD/1IU=0.025μg(mcg)

参照

イベルメクチンの新型コロナウイルス対策における用法・用量について、以下のサイトを参照しました。

副作用

悪心、下痢、吐き気、めまい、腹痛、かゆみ、発疹など

発症はまれですが、重篤な副作用として中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、肝機能障害、血小板の減少などが報告されています。

禁忌・注意

イベルメクチンにアレルギーがある人は服用しないでください

イベルメクチンの服用について注意が必要な人がいます

  • 肝機能、腎機能が低下している人、高齢者、妊娠中の女性は、服用について医師へ相談してください
  • 体重15kg以下の子供に対する安全性・有効性は確認されていません

参照

イベルメクチンの副作用、禁忌・注意について、以下のサイトを参照しました。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 38件のレビュー
  • 最近このサイトの存在を知り、タイミング良くイベルメクチンの朗報が流れてきてさっそく注文しました。

    通販で購入できるなんて便利すぎます…!
    海外の薬ということでちょっと不安に感じる節もありましたが、まずは無事に届いたので良かったです。

    まだ飲んでいませんが、私は濃厚接触者になった時に飲もうかなって考えています。
    予防だと飲み続けないといけないみたいですし。

    通販で買うのには違和感がありますが、買えるってことを知っておいて良かったです。

  • 話題性ばっかりで少し不安でしたが、ほかの人の体験談を読んで購入に踏み切りました。
    サクラだったらどうしようとは思いますが、読む限り皆さん不安もありつつ期待したいっていう印象ですね。実際に飲んだという体験談はとくに参考になりました。

  • 人間用のイベルメクチン探してました。
    ツイッターで動物用飲んだ人が病院に運ばれたとかなんとかって見て、人間用と動物用があるのを知りました。
    ちゃんと調べて買わなきゃじゃんって思ってたらこのサイトのツイートが流れてきて、人間用取り扱ってるっぽかったから買った!

  • 1回目に副作用なのか軟便になりましたが、それからは問題はなしです。今日はちょっとお腹が緩いな?程度でした。

  • 友達がコロナに感染して大変だったようです。
    私はかかりたくないなと思ったのでイベルメクチン買いました。
    飲み方がめんどくさいですが、これでコロナを予防できるのであれば何とも思いません。
    すべてネットで揃ったので後は飲み方をマスターするのみ。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
     

イベルスマート(イベルメクチン・ジェネリック)

イベルスマート(イベルメクチン・ジェネリック)

購入はこちら