新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:5件

1,190

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

オブラル-L 21錠
内容 割引率 定価 通販価格 1箱あたり 個数 ご注文
21錠 × 1箱 34%割引 1,800円
定価 1,800円
1,190円
(1,190円/1錠)
1,190円
21錠 × 3箱 44%割引 5,400円
定価 5,400円
3,050円
(1,016円/1錠)
1,016円
21錠 × 6箱 50%割引 10,800円
定価 10,800円
5,390円
(898円/1錠)
898円

商品概要

カテゴリ 経口避妊薬・ピル      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Pfizer(ファイザー)
発送国 シンガポール・インド
効果・効能 避妊、PMSの緩和、月経不順の改善など
有効成分 レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
用法・用量 月経開始日を1日目とし、1日1錠を21日間服用します
作用時間
副作用 吐き気、頭痛、下腹部痛、乳房の腫れなど
禁忌・注意 有効成分にアレルギーがある、妊娠している、使用禁忌の持病がある人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

こんな人に適しています

商品詳細

効果・効能

排卵を抑制し、受精・着床を防ぎます

オブラル-Lは2つの人工ホルモンで作られています。

・レボノルゲストレル
妊娠に適した子宮環境を整える卵胞ホルモンです。

・エチニルエストラジオール
妊娠を維持・安定させる環境を整える黄体ホルモンです。

オブラル-Lの2つの有効成分が脳下垂体に作用し、卵胞の成長を促す性腺刺激ホルモンの分泌を抑制。
性腺刺激ホルモンがなければ卵胞が発育せず、排卵が行われません。
排卵が抑えられると受精できないため、避妊に効果をもたらします。

またオブラル-Lは膣の奥にある子宮頸管粘液を変化させ、精子の子宮内への侵入を防ぎます。
そのため、オブラル-Lを継続して服用すると、99%の避妊効果が得られるのです。

月経痛やPMS、ニキビの改善にも有効です

月経痛の元となる物質・プロスタグランジンの生成を抑えるため、月経痛の緩和に効果があります。
子宮内膜の生成が促されないため、経血量が減る、月経周期の安定にも効果が期待できます。

月経前の気分の落ち込みやイライラなどのPMSが起こるのは、ホルモンバランスが乱れるからです。
排卵から月経の間に黄体ホルモンが急激に低下すると、神経伝達物質がうまく働かなくなり身体や心に不調が現れます。
オブラル-Lを服用すると黄体ホルモンを増加させるため、PMSを抑制できます。

また皮脂の分泌を促しニキビの原因となるホルモン・プロゲステロンの生成を抑えるため、ニキビの改善にも期待できます。

用法・用量

月経1日目から1日1錠の服用を21日間続けます

月経の初日から1日1錠を水、もしくはぬるま湯で服用してください。

オブラル-Lの効果が発揮されるのは、服用開始から7日目以降が目安です。
服用開始から7日間以内に性行為をする際は、避妊具による避妊をしましょう。

1シート分21錠を服用した後は、7日間の休薬期間を取ります。
休薬期間中に月経が起こります。

出血が続いていても、29日目から新しいシートを飲み始めてください。

なるべく決まった時間に服用しましょう

オブラル-Lは毎日同じ時間に服用しましょう。
毎日同じ時間に服用すると成分の血中濃度が安定し、高い避妊効果が得られます。

飲み忘れると避妊効果が低下する場合があります。

飲み忘れた場合は、すぐに前日の飲み忘れた分を服用しましょう

前日の分を飲み忘れた場合は、すぐに1錠飲みましょう。
当日分はいつもの時間通りに飲んでください。
その後1日1錠の服用サイクルに戻ります。

2日以上飲み忘れた場合は、目的によって対応が変わります。

・避妊以外の目的で服用しており、2日以上飲み忘れた場合
飲み忘れた日数に関わらず、1錠をすぐに飲みましょう。
当日分はいつもの時間通りに飲んでください。
その後1日1錠の服用サイクルに戻ります。

・避妊目的で服用しており、2日以上飲み忘れた場合
避妊目的の場合は服用を中止して、次の月経が来るのを待ちましょう
次の月経が来るまでの間に性行為を行う場合は、違う避妊方法を用いましょう。

副作用

吐き気、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、不正性器出血など

オブラル-Lは従来のピルに比べて、血栓症のリスクが軽減されています。

しかし副作用の現れ方には個人差があります。
脚の急激な痛み、腫れ、しびれ、息切れといった血栓症の予兆が現れた場合は、ただちに服用を中止し医療機関を受診してください。

禁忌・注意

※以下に当てはまる人は、オブラル-Lの服用ができません。

エストロゲン依存性腫瘍(乳がん、子宮体がん、子宮筋腫)、子宮頸がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、肺高血圧症、心臓弁膜症、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の患者、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、抗リン脂質抗体症候群、重篤な肝障害、肝腫瘍、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴がある、妊婦または妊娠の可能性がある、骨成長が完了していない可能性がある、35歳以上で1日15本以上喫煙している

使用上の注意

抗ウイルス薬(オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルなど)を服用した場合は、最後の服用から2週間以上空けてオブラル-Lを服用してください。

※以下に当てはまる人は、オブラル-Lを服用する前に医師に相談してください。

40歳以上、子宮筋腫がある、乳がんを発症したことがある、肥満、家族に血栓症を発症した人がいる、軽度の高血圧、ポルフィリン症、てんかん、テタニ―(けいれん)、耐糖能異常、片頭痛を起こしやすい

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

オブラル-Lの副作用がツライ人にオススメの商品

月経痛やPMSの緩和を目的としてオブラル-Lを服用している人で、副作用がツライと感じている人は超低用量ピルがオススメです。
オブラル-Lに比べて配合されているホルモン量が少ないため身体への負担が少なく、副作用が出にくいとされています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 5件のレビュー
  • トリキュラーを飲み続けていましたが、ジェネリックでも効果は変わらないですね。
    トリキュラーを飲んでいた時と同じペースで生理が来て同じくらい少量の出血で済んでいます。
    生理痛もありません。
    シートの飲み始めがわかりづらい点は困りましたが。

  • やっぱ通販しか勝たん。クリニックでずっと処方してもらっていましたけど、去年末くらいからは通販で買うようにしています。日程もあけなくて済むし、変わらない効果だし、通販最強です。

  • オブラルLは生理痛を弱くする効果だけじゃなくて、ニキビにも効果が高いなと思っています。選び方は値段で決めましたが、ずっと使い続けられる値段と効果で大満足です。良いピルに出会えました。

  • 飲み始めの頃は副作用で気持ち悪くなってたんですけど、体が薬に慣れたのか最近は何事もなく飲めています。生理前のイライラも生理痛も軽くなったので、私の安定剤のような薬です。

  • トータルでかかる費用を考えればネットで買った方がいいですね。飲み忘れもしないように気を付けているし、妊娠していないし、効果あると思います。
    何度もゴムなしでやるのは怖いから一応付けてもらっていますけどね…

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
オブラル-L

オブラル-L

1,190円

購入する