新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:11件

5,590

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

アリピプラゾール 15mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
15mg × 100錠 12%割引 6,320円
定価 6,320円
5,590円
(55円/1錠)
55円
15mg × 200錠 15%割引 11,000円
定価 11,000円
9,390円
(46円/1錠)
46円
15mg × 300錠 19%割引 16,500円
定価 16,500円
13,350円
(44円/1錠)
44円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Intas Pharmaceuticals Ltd(インタスファーマ)
発送国 香港・インド
効果・効能 統合失調症、双極性障害における躁状態の改善
有効成分 アリピプラゾール
用法・用量 ・統合失調症
┗1日6〜12mgを開始用量として1回または2回に分けて飲みます
・双極性障害における躁症状の改善
┗1日1回12~24mgを服用します
作用時間 3.6~61時間ほど
副作用 アカシジア、体重増加、振戦、傾眠、不眠、便秘など
禁忌・注意 アドレナリンやボスミンとは併用できません
GTIN
関連検索

おすすめポイント

こんな症状を改善したい人に適しています

商品詳細

効果・効能

ドパミンの量を調整して幻聴や妄想症状を改善します

アリピプラゾールは、抗精神病薬であるエビリファイ・ジェネリックです。
アリピプラゾールは抗精神病薬の中でも、感情の喪失や意欲の低下、高まり過ぎた気分の改善に有効な非定型抗精神病薬に分類されます。

体内で過剰に分泌されるドパミンの量を整えたり、不足していれば働きを強めたりするように作用します。
ドパミンの分泌が過剰になってしまうと幻聴や妄想といった症状を引き起こし、パニック状態になります。
分泌量を整えたり、働きをサポートしたりすることで幻聴や妄想といった症状を鎮静化するのです。

また低用量での服用では気分を底上げ、高用量の服用では気分の高まりを抑制したりといった効果が期待できるため、うつ状態や躁状態の治療にも用いられる場合があります。

日本と海外の適応症の違い

有効成分であるアリピプラゾールで認められる日本での適応症は下記の通りです。

  • 統合失調症
  • 双極性障害における躁状態
  • 抗うつ剤で効果が得られないほどのうつ・うつ状態
  • 小児期の自閉スペクトラム症における易刺激性

海外ではトゥレット障害(別名:チック症)や大うつ病性障害の補助療法、自閉性障害における興奮性の治療にも用いられています。

用法・用量

症状によって飲み方が異なります

アリピプラゾールは統合失調症や双極性障害では飲み方が異なります。

【統合失調症】

  • 1日6~12mgを開始量、維持用量とする
  • 1回または2回に分けて服用
  • 年齢や症状によって増減するが1日量30mgを超えないこと

【双極性障害における躁症状の改善】

  • 1日1回12~24mgを服用
  • 開始量は24mgとして年齢や症状によって増減可能
  • 1日30mg以上飲んではいけない

鎮静作用が弱く、作用が強い薬と併用するケースがあります

他の統合失調症の薬と比べて鎮静作用が弱いため、日本の医療機関では鎮静作用が高い薬と併用して処方されるケースがあります。
単剤で鎮静作用が弱いと感じた場合は、医師へと相談のうえ他の薬の併用を検討してみましょう。

飲み始めから2週間の間は増量しないこと

アリピプラゾールは安定した効果を発揮するのに時間を必要とする薬です。
治療開始日から2週間の間は効果を感じられなくとも、一気に増量するという飲み方は推奨できません。
一気に増量を行うことによって体が慣れておらず、より強い副作用を発現する可能性があるためです。

どんな症状であっても、増量のペースは守りましょう。

副作用

アカシジア、体重増加、振戦、傾眠、不眠、便秘など

もっとも多いとされる副作用はアカシジア。副作用の発現率では全体の約3割を占めており、服用を続けることで発現します。

【アカシジアの特徴】

  • じっとしていられない、動き回る
  • 不快感を覚える
  • 異常な眠気を感じる

また、糖代謝の異常による体重増加、糖尿病、低血糖、多尿の恐れもあるため、すでに糖尿病を患っている人はアリピプラゾールを服用できません。

アリピプラゾールは従来の抗精神病薬と比較して、副作用が軽減されているとされていますがアカシジアや他の副作用があまりにも酷いと感じた場合は医師へと相談してください。

禁忌・注意

アドレナリンやボスミンとは併用できません

アドレナリンやボスミンといった薬と併用すると、体内での作用が逆転して急な血圧降下を引き起こすケースがあります。
併用禁忌薬に分類されているため、アリピプラゾールと一緒に飲まないでください。

下記の薬名は、アリピプラゾールとの併用を注意すべきものです。

【併用注意】

  • 中枢神経抑制剤
  • 降圧剤
  • ドパミン作動薬
  • レボドパ製剤
  • カルバマゼピン、リファンピシン など

上記以外にも普段から薬を服用をしている人は、かかりつけ医に相談の上併用可能か確認してください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

アリピプラゾールと同じ統合失調症の治療薬もあります

アリピプラゾールの他にも、非定型抗精神病薬に分類される薬を販売しています。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 11件のレビュー
  • 医者じゃないのでおすすめはできませんが、でも私にはアリピプラゾールあってます。ちな、双極です。

  • エビリファイとの違いがわからなかったんだけど、ジェネリックなんだね…そゆことか。なんかエビリファイに似た薬かなんかだと思ってた。双極に使ってるけど、良い感じに良くなってる気がします。

  • どうも病院に行く気持ちになれない時があって行かないでいたらせめて薬だけは飲んでと娘にこの通販サイトを教えてもらいました。こんなに簡単にお薬が買えるなら病院行く必要はないのではないかしら。

  • しょっちゅう便秘になるのはエビリファイのせいなんでしょうか。
    常にお腹がぱんぱんですが、それでもメンタル維持の方が大事なのでお薬は減らせないしやめられません。
    コーラックがあれば副作用も気にならない…。

  • 効果がいつもイマイチな薬を飲んでいましたが、ようやく理想の薬に出会えました。安定してきていてほっとしています。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
アリピプラゾール

アリピプラゾール

5,590円

購入する