新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:6件

発送元によってパッケージデザインが変わる場合があります。

本商品は、Myfarma ilac San社またはTERRA社が製造しています。
カラゼピンの製造元はMyfarma ilac San社で、TERRA社とは業務提携を行っています。製造元やデザインが異なる場合がありますが、中身は同一のためご安心ください。

1,890

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

カラゼピン 200mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
200mg × 25錠 6%割引 2,000円
定価 2,000円
1,890円
(75円/1錠)
75円
200mg × 50錠 10%割引 4,000円
定価 4,000円
3,600円
(72円/1錠)
72円
200mg × 75錠 36%割引 8,000円
定価 8,000円
5,120円
(68円/1錠)
68円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Myfarma ilac San(マイファーマ)
発送国 香港
効果・効能 脳内神経の過剰な興奮を沈めて、てんかん発作を抑制します
有効成分 カルバマゼピン
用法・用量 1日200~400mgを2回に分けて服用します
作用時間
副作用 眠気やめまい、ふらつき、倦怠感、脱力感など
禁忌・注意 含有成分にアレルギーを持つ人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

こんな人に適しています

商品詳細

効果・効能

脳内神経の過剰な興奮を沈めて、てんかん発作を抑制

カラゼピンは、抗てんかん薬であるテグレトール・ジェネリックです。
有効成分・カルバマゼピンは、1960年代から日本で普及しています。てんかんの他にも、三叉神経痛や双極性障害の躁の治療にも有効です。

脳内で起きている興奮を鎮静化して、てんかん症状による発作を抑制します。
脳内には神経細胞が集まっており、神経伝達物質の作用によって神経細胞が興奮します。
興奮がシグナルとして脳内全体に伝わり、発作が起きます。
興奮がシグナルとして脳内に伝わらないように作用し、伝達をブロックすることによっててんかんによる異常な興奮を抑制するのです。

興奮を鎮静化させる観点から、双極性障害の躁や三叉神経痛にも効果が望めます。

効果の発現までに1週間~数週間かかる

カラゼピンは、即効性に欠けています。
本来の効果を発揮するまでに1週間~数週間ほどかかる場合があるため、焦らずに継続服用することが大切です。

用法・用量

1日200~400mgを2回に分けて服用します

服用する際には、効果が見られるまで少しずつ増量しながら治療を続けてください。
通常、1日600mgまで増量します。
症状によっては、1日1,200mgまで増やすことが可能です。

飲む量をコントロールできる抗てんかん薬のため、過剰投薬にならないよう注意してください。
投与量に不安を感じる場合は、定期的に医療機関で血中濃度を検査しましょう。

双極性障害による躁の場合

1日200~400mgを1~2回に分けて服用します。
効果が得られるまで増量します。てんかんと同じく通常、1日600mgまで増量できます。
症状によっては、1日1,200mgまで増やせます。

三叉神経痛の場合

1日量200~400mgから飲み始めます。
増量する場合は、1日量600mgまでを複数回に分けて服用します。症状によっては1日800mgまで増量可能です。

副作用

眠気やめまい、ふらつき、倦怠感、ドライマウスなど

発症率の高い副作用は、眠気です。
副作用調査例数では、1,282件中223件も眠気の副作用が報告されています。その次にめまいやふらつき等の副作用が多く見受けられています。
カラゼピンで治療している期間中は、機械や車の運転をしないようにしてください。

ドライマウス(口腔乾燥症)は、口内炎や口臭の原因になる場合もあります。日頃の歯磨きを徹底することをおすすめします。

また重篤な副作用として下記の症例が挙げられます。

  • 再生不良性貧血
  • 白血球減少
  • 肝機能障害、横断
  • 過敏症症候群

ほかにもカラゼピンを服用後に身体の異変を感じた場合は、我慢をせずかかりつけ医に相談してください。

発疹が出た場合は服薬を中止して医療機関へ

カラゼピンを服用後に発疹が出た場合は、放置せずに専門医による診察を受けてください。
有効成分・カルバマゼピンによる発疹の副作用は、放置するとスティーブンス・ジョンソン症候群に陥る可能性があります。

スティーブンス・ジョンソン症候群とは、皮膚や粘膜の過敏症を指します。
口や鼻、眼といった部分がただれて、壊死する危険性もあります。

禁忌・注意

含有成分にアレルギーを持つ人は服用できません

有効成分・カルバマゼピンの他にも、三環系抗うつ剤にアレルギー反応の経歴がある人はカラゼピンを服用しないでください。

また、下記の項目はカラゼピンと併用してはいけない薬や併用を注意すべき薬です。

  • 抗真菌薬
  • ED治療薬
  • 抗ウイルス化学療法剤、抗ウイルス剤
  • エンドセリン受容体拮抗薬
  • 血小板凝集阻害薬
  • 抗HIV薬
  • MAO阻害剤
  • 利尿剤
  • 抗うつ剤
  • 中枢神経抑制剤 など

カラゼピンには併用の際には注意を払わないといけない薬が他にもあるため、現在他の治療薬を服用している人はかかりつけ医に相談してください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

てんかんと躁に有効な他の薬

当サイトでは、カラゼピンの他にてんかんや双極性障害による躁の治療が望める薬を取り扱っています。
カラゼピンでは効果が不十分である、または有効成分が身体に合っていない等の理由がある場合は似たような薬もご検討ください。

  • ラミクタール

    ラミクタール
    25mg × 30錠 ¥2,690
    50mg × 30錠 ¥3,590
    100mg × 30錠 ¥4,490

        商品を購入する

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 6件のレビュー
  • 病院処方のテグレトールと同じような感じだし発作も出ていないので安心しました。
    海外の薬って副作用が強そうって思っていたけど、今のところちょっと眠くなるくらいで済んでいます。

  • 自分に合った飲み方を見つけやすい薬だと思います。錠剤も200mgだから量が調整しやすいですし、期間を空けずに増量できるのも嬉しいです。私はてんかんで飲んでいますが、朝1錠と夜2錠で落ち着いています。朝と夜に1錠ずつ飲んでいた時よりも発作がかなり減ったし、体の不調もないのでこれが一番私に合ってる飲み方みたいです。

  • 三叉神経痛を再発してしまったので服用しています。
    テグレトールは以前三叉神経痛を発症した時に飲んでいて、こちらのサイトにはそのジェネリックも取り扱いがあったため選び方を検索する手間が省けました。
    三叉神経痛への効果もテグレトールとまったく一緒です。
    即効性があるわけではないですが、薬が効き始めるとぱっと痛みが消える感じです。
    今のご時勢病院に行くのも怖いので、ネットで薬が買えて助かりました。

  • 病院で処方してもらうテグレトールと同じ成分ということで購入。てんかん発作予防にとても効果があると思います。昔から使われている薬ですし飲んでも副作用なく過ごせました。仕事でお薬貰いに行けないこともあるので、予備として買っています。

  • てんかん発作にカラゼピンがいいと同じ手帳を持つ人からアドバイスをもらったので、購入しています。友人はてんかんと双極を併発?しているかもといっており、カラゼピンはいったん中断して医者にかかるといっていました。私はてんかんだけなので、効果を信じて飲んでみます。友人は効果があったといっていたので、同じような症状を持つ自分も効果があると信じています。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
カラゼピン

カラゼピン

1,890円

購入する