新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★★

  • レビュー:2件

1,950

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

オブラル-G 20錠
内容 割引率 定価 通販価格 1箱あたり 個数 ご注文
20錠 × 1箱 11%割引 2,180円
定価 2,180円
1,950円
(1,950円/1錠)
1,950円
20錠 × 3箱 10%割引 4,000円
定価 4,000円
3,590円
(1,196円/1錠)
1,196円
20錠 × 6箱 11%割引 6,480円
定価 6,480円
5,790円
(965円/1錠)
965円

商品概要

カテゴリ 経口避妊薬・ピル      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Pfizer(ファイザー)
発送国 シンガポール・インド
効果・効能 月経移動、月経困難症の改善、緊急避妊
有効成分 ノルゲストレル0.5mg、エチニルエストラジオール0.05mg
用法・用量 目的によって用法・用量が異なります
作用時間
副作用 吐き気、食欲不振、頭痛、乳房痛、むくみなど
禁忌・注意 オブラル-Gの成分に対してアレルギーがある人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

こんな女性にぴったりです

商品詳細

効果・効能

月経移動、月経困難症の改善、緊急避妊

オブラル-Gは、国内で処方されている唯一の中用量ピル・プラノバールのジェネリック医薬品です。

有効成分のノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、ホルモン分泌を司る脳下垂体に作用してホルモン分泌量を調整する働きがあります。
その働きによって卵胞を育てるホルモンが減少し、排卵や子宮内膜の肥大を抑制。
月経移動や月経困難症の改善、緊急避妊に効果があります。

・月経移動
オブラル-Gを服用している間は月経が起こりません。
月経を起こしたい時期を逆算して服用することによって、月経を意図的に移動させます。

・月経困難症
月経困難症とは、月経中に見られる月経痛や悪心などの体の不調です。

月経痛は、子宮内膜を外に押し出そうとする物質・プロスタグランジンが分泌され、子宮が過剰に収縮することにより引き起こされます。
また月経時の悪心や下痢、頭痛などの症状は、プロスタグランジンが体内を循環することによって生じるとされています。

オブラル-Gの服用により子宮内膜が肥厚しないとプロスタグランジンの分泌が抑制されるため、月経困難症の改善にも効果があります。

・緊急避妊
妊娠のきっかけとなる排卵を着床する前に抑えられることから、緊急避妊にも効果を発揮します。

毎日飲むことで安定した避妊効果を得られますが、中用量ピルは副作用が強く出る可能性が高いため継続服用は一般的ではありません。
安定した避妊効果が欲しい場合は、低用量ピルを服用してください。

性行為から24時間以内の服用によって95%の確率で妊娠を阻止します

オブラル-Gの先発薬・プラノバールは、国内のクリニックで緊急避妊薬としても処方されます。

プラノバールを使用した緊急避妊方法はヤッペ法と呼ばれ、24時間以内に服用した場合95%の避妊率を誇ります。
また排卵日前後の性行為であったとしても77%の確率で妊娠を阻止できます。

用法・用量

服用する目的によって用法・用量が異なります

オブラル-Gは服用する目的によって用法・用量が異なるため、混同しないよう注意してください。

月経移動の場合

・月経を遅らせる場合
月経予定日の5~7日前から服用を始めてください。
月経を開始させたい時期の2~5日前まで服用を続けます。

・月経を早める場合
月経開始日の3~7日以内に服用を始めてください。
月経を開始させたい時期の2~5日前まで服用を続けます。
※最低でも10日以上服用を継続する必要があります。

月経困難症の改善の場合

月経開始5日目から20日間服用を継続してください。
安定した効果を得るため、毎日同じ時間帯に服用しましょう。

飲み忘れた場合は気付いた時点で1錠服用し、いつもと同じ時間帯にその日の分を1錠服用します。
2日以上飲み忘れた場合でも、追加で服用するのは1錠のみです。
1日に3錠以上飲まないようにしましょう。

その後は1日1錠の服用サイクルに戻ります。

緊急避妊の場合

性行為から72時間以内にオブラル-Gを2錠服用してください。
2錠を服用した12時間後に、再び2錠を服用します。

72時間以内に服用した場合でも80%の避妊率があるとされていますが、早く服用するとさらに避妊率が高まります。
性行為後はなるべく早くオブラル-Gを服用するように心がけましょう。

副作用

吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、乳房痛、むくみなど

オブラル-Gは低用量ピルに比べてホルモンの配合量が多く、副作用が出やすいとされています。
市販の吐き気止めや鎮痛剤との併用も可能なので、症状が気になる場合は活用しましょう。

万が一症状が長引く、もしくは悪化が見られる場合は服用を中止して医師に相談してください。

重篤な副作用として血栓症が挙げられます

頻度は稀ですが、オブラル-Gの重篤な副作用として血栓症が報告されています。
以下の症状が見られた場合は、血栓症につながる恐れがあるためただちに医師の診察を受けてください。

  • 胸の痛み
  • 激しい息切れ
  • 脚の腫れや痛み
  • 激しい頭痛
  • 視覚異常

禁忌・注意

オブラル-Gの成分に対してアレルギーがある人は服用できません

以下に該当する場合は、オブラル-Gを服用できません。

  • 乳ガン、子宮内膜ガン、子宮頸ガンがある、またはその疑いがある
  • 原因不明の異常性器出血がある
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患がある、または過去に発症していた
  • 35歳以上で1日15本以上喫煙をする
  • 前兆を伴う片頭痛がある
  • 糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などがある
  • 血栓素要因がある
  • 肝臓に重篤な障害がある
  • 中等度~重度の高血圧がある
  • 妊娠中に黄疸や妊娠ヘルペスを発症していた
  • 妊娠している、もしくはその可能性がある
  • 授乳中
  • 併用禁忌薬(オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤)を服用している

以下に該当する場合は、オブラル-Gの服用に注意が必要です。

  • 喫煙している
  • 血縁に血栓症の既往歴がある
  • 糖尿病がある
  • 血縁に乳ガンの既往歴がある
  • 心臓病や腎臓病の既往歴がある
  • 溶血性尿毒症症候群がある
  • 鎌状赤血球病がある
  • クロソマがある

上記の他にも疾患がある場合は、オブラル-Gを服用する前にかかりつけ医に相談してください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

アフターピルを探している人におすすめの商品

緊急避妊薬(アフターピル)として一般的なのはノルレボです。
オブラルGと比べて副作用が少なく一度の服用で済むため、アフターピルに慣れていない人にもおすすめです。

  • ノルレボ

    ノルレボ

    日本で初めて承認されたアフターピルです

    1錠 × 1箱 ¥3,310
    1錠 × 3箱 ¥8,910
    1錠 × 10箱 ¥26,240

        商品を購入する

  • アイピル

    アイピル

    ノルレボのジェネリック医薬品です

    1錠 × 1箱 ¥1,190
    1錠 × 6箱 ¥6,830
    アイピル妊娠検査薬SET × 1セット ¥1,970

        商品を購入する

  • ナイピル

    ナイピル

    ノルレボのジェネリック医薬品です

    4錠 ¥2,970
    12錠 ¥8,040
    20錠 ¥11,910

        商品を購入する

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★★

  • 2件のレビュー
  • 他のピルよりもちょっとお高めぽそうですけど、何せメーカーがファイザーなのでそこに信頼をおいて買ってみました。3箱買って、この前2箱分飲み終わりましたけど、ちゃんと避妊できているから効果もばっちりかと!

  • 避妊効果が欲しいならオブラルGめっちゃ便利です。低用量ピルは飲み忘れてばっかりだけど、こっちは緊急避妊の効果もあるからもし飲み忘れても安心できます。予想通り、飲み忘れが多くて毎日飲むのもういいやーってなった月に緊急避妊で使ったけど、妊娠してなかったから普通に効果もありますよ。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
オブラル-G

オブラル-G

1,950円

購入する