新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★★☆

  • レビュー:2件

3,860

"まとめ買い"の割引き率が断然お得

【10,000円以上のご注文で送料1,000円無料】

アリピゾール  5mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
5mg × 100錠 10%割引 4,300円
定価 4,300円
3,860円
(38円/1錠)
38円
売り切れ
アリピゾール 10mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
10mg × 100錠 5%割引 6,000円
定価 6,000円
5,690円
(56円/1錠)
56円
アリピゾール 15mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
15mg × 100錠 10%割引 7,750円
定価 7,750円
6,960円
(69円/1錠)
69円
売り切れ
アリピゾール 20mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
20mg × 100錠 10%割引 10,000円
定価 10,000円
8,990円
(89円/1錠)
89円
アリピゾール  30mg
内容 割引率 定価 通販価格 1錠あたり 個数 ご注文
30mg × 100錠 10%割引 12,000円
定価 12,000円
10,790円
(107円/1錠)
107円

商品概要

カテゴリ 抗うつ剤・精神安定剤      
在庫

在庫あり

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Sun Pharma(サンファーマ)
発送国 シンガポール・インド
効果・効能 脳内伝達物質に作用して、統合失調症の症状を改善します
有効成分 アリピプラゾール
用法・用量 1日1回水またはぬるま湯で服用します
作用時間 約24時間
副作用 不眠、アカシジア、振戦、傾眠など
禁忌・注意 アドレナリンを投与中の人や本剤の成分にアレルギーのある人は服用できません
関連検索

おすすめポイント

こんな症状にお悩みの人におすすめです

商品詳細

効果・効能

脳内伝達物質に作用して、統合失調症の症状を改善します

アリピゾールは統合失調症の治療に用いられるエビリファイのジェネリック医薬品です。
同じアリピプラゾールを有効成分に配合しているため、エビリファイと同様の効果が得られます。

統合失調症は脳内の伝達物質のバランスが乱れることで起こり、症状は陽性症状→陰性症状→認知機能障害と変化していきます。
陽性症状は、ドーパミンの分泌が過剰となることで起こる幻覚や妄想、思考の混乱などといった症状。
陰性症状は、ドーパミンの分泌が不足して起こる感情の欠如や意欲の低下といった症状。
認知機能障害は、病状が進行・長期化することで起こる集中力や記憶力の低下です。

アリピゾールはドーパミンが過剰分泌されると分泌量を減らし、不足すると分泌量を増やす作用を持っています。
ドーパミンの分泌量を調整することで乱れた伝達物質のバランスを整え、統合失調症の陽性症状・陰性症状・認知機能障害を緩和するのです。

また、アリピゾールはドーパミンだけでなくセロトニンにも作用します。
セロトニンはドーパミンの分泌の抑制や不安感を鎮めて感情を安定させる作用があります。
セロトニンの分泌量を調整することで症状の緩和効果が高まるのです。

臨床試験

国内で統合失調症患者を対象に、アリピプラゾールの有効性を確かめる臨床試験が行われました。

対象例 改善率
アリピプラゾール投与群 111 46.8%(52/111例)

臨床試験では、6mgを開始用量・24mgを最高用量として1日1回または2回を8週間服用。
48%の改善率が確認され、統合失調症に対する有効性が認められています。

統合失調症以外の疾患への効果

ドーパミンやセロトニンに作用して脳内伝達物質のバランスを整える作用は、統合失調症以外の精神疾患の改善にも効果を発揮します。

国内では、双極性障害における躁症状やうつ病・うつ状態の改善にも利用されています。

用法・用量

1日1回水またはぬるま湯で服用します

各症状における服用方法は異なります。

開始用量 維持用量 服用回数 最大摂取量
統合失調症 6~12mg/日 6~24mg/日 1~2回/日 30mg/日
双極性障害における躁症状 24mg/日 12~24mg/日 1回/日 30mg/日
うつ病・うつ状態 3mg/日 1回/日 15mg/日

※維持用量:治療するために最も適した用量

統合失調症

1日1回または2回に分けで服用します。
服用量は、開始時が1日6~12mgで維持用量は6~24mgです。症状や年齢によって服用量を増減できますが、1日の摂取量が30mgを超えないようにしてください。

服用量が体に馴染むまでに約2週間を有します。増量する場合は、2週間以上の間隔をおいて行ってください。
体への負担を考え、服用量は最小限に留めましょう。

双極性障害における躁症状

1日1回服用します。
24mgから服用を開始し、年齢や症状によって増減を行ってください。
維持量は12~24mgとされていますが、最大30mgまで摂取可能です。

増量する場合は、2週間以上の間隔を空けてください。

うつ病・うつ状態

1日1回3mgを服用します。
年齢や症状によって増減が可能ですが、1日の摂取量が15mgを超えないようにしてください。
増量する場合は、2週間以上の間隔を空けましょう。

本剤は単剤でのうつ病・うつ状態への有効性は確認されていません。
必ずSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)と併用してください。

副作用

不眠、アカシジア、振戦、傾眠など

各症状に対する副作用の発現率とおもな症状は次の通りです。

発現率 おもな症状
統合失調症 77.5% 不眠、アカシジア、振戦、食欲不振、筋強剛
双極性障害における躁症状 60.2% アカシジア、振戦、不眠、嘔吐、よだれ
うつ病・うつ状態 68.0% アカシジア、振戦、傾眠、便秘、AST増加

副作用は60~80%の確率で発現し、アカシジアや振戦、不眠、傾眠といった症状が見られます。
従来の抗精神病薬と比べると副作用の発現率は低いものの、アカシジアの発現頻度は高いという特徴があります。

アリピゾールを服用後は、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こるため、車の運転や機械の操縦、高所での作業は避けてください。

服用を中断すべき副作用

重大な副作用として低血糖や悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウスなどが確認されています。

  • 低血糖:口の渇き、多飲、多食、多尿、頻尿、脱力感など
  • 悪性症候群:無言症、嚥下困難、頻脈、発汗など
  • 遅発性ジスキネジア:口周辺が自分の意思とは関係なく動く
  • 麻痺性イレウス:食欲不振、悪心・嘔吐、便秘など

これらは兆候や初期症状です。症状が見られた場合は、直ちに服用を中止して医師の診断を受けてください。

禁忌・注意

アドレナリンを投与中の人や本剤の成分にアレルギーのある人は服用できません

アドレナリンを投与中の人が服用してしまうと血圧降下を起こす恐れがあります。

また、他にも持病や常用している薬がある人は、アリピゾールを服用前にかかりつけ医にご相談ください。

服用について医師への確認が必要な人

次にあてはまる人は、アリピゾールによる治療がリスクを上回る場合にのみ服用が可能となります。

  • 糖尿病またはその危険因子を持っている人
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性
  • 授乳婦

糖尿病またはその危険因子を持っている人が服用してしまうと、高血糖に至り最悪の場合死亡してしまう可能性があります。服用する際は医師の管理のもと、血糖値の測定や観察を十分に行ってください。

妊娠後期に抗精神病薬を服用すると、新生児に哺乳障害・傾眠・呼吸障害などが見られる恐れがあります。臨床試験においては流産の報告があります。

また、乳汁への成分移行が認められているため乳児への悪影響が考えられます。
授乳婦が服用する場合は、必ず授乳を中断してください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

アリピゾールで効果を実感できなかった場合には…

統合失調症の治療で初めから自分に合った薬を見つけられる人もいれば、薬の変更を重ねて自分に合った薬を見つけられる人もいます。
アリピゾールで効果を感じられなかった人は、リスコンとは異なる有効成分を配合した抗精神病薬への変更を検討してみましょう。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★★☆

  • 2件のレビュー
  • 1日3mg飲んでいます。お陰で仕事に復帰することができました。副作用で不眠や眠気などがあるようですが、私は出ていません。自分に合った薬が見つかって良かったです。

  • アリピゾール一生手放せない気がする。飲み始めてからだいぶ気持ちが安定してきた。手が震えることがあるけど、効果を考えたら気にならないかなー。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
アリピゾール

アリピゾール

3,860円

購入する