新型コロナ感染拡大による配送遅延のお知らせ

  • ★★★☆☆

  • レビュー:3件

【類似商品】
同じ有効成分を配合!代替品に!▶トリキュラー
ニキビや肌荒れの改善にも効果的!▶ローリナ

3,890

サイズ
在庫なし
トリレゴル
    %%MODAL_SUBSET%%

商品概要

カテゴリ 経口避妊薬・ピル      
在庫

在庫なし

納期 (新型コロナ感染拡大による遅延)14~28日間
メーカー Gedeon Richter(ゲデオン・リヒター)
発送国 香港
効果・効能 避妊、PMSの改善、月経困難症の緩和
有効成分 レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
用法・用量 月経開始日から21日間、1日1錠を服用します
作用時間
副作用 乳房の張り、頭痛、吐き気、不正出血など
禁忌・注意 乳がん・子宮がん・脳梗塞狭心症・心筋梗塞・片頭痛・肝機能障害・高血圧症・糖尿病による腎症や網膜症がある、授乳中または妊娠中、1日15本以上タバコを吸う35歳以上の女性は服用できません
GTIN
関連検索

おすすめポイント

こんな人に適しています

商品詳細

効果・効能

避妊、PMSの改善、月経困難症の緩和

トリレゴルは、避妊や月経困難症・PMSの緩和に効果のある低用量ピルです。
女性ホルモンを摂取することで体内の女性ホルモン量を調整します。
その結果、3つの作用により避妊やPMS・月経困難症の緩和といった効果が得られます。

1.排卵を阻止して子宮内膜の成長を抑える
2.子宮頸管粘膜の濃度を高くする
3.ホルモンバランスを一定に保つ

避妊効果

トリレゴルを服用するとホルモンバランスがほぼ一定となります。
そのため、排卵を起こしたり、受精卵を受け止めるための子宮内膜を作ったりと、妊娠できる体へ整えるためのホルモン分泌の変化を抑制。
排卵や子宮内膜の成長を防げます。

また、子宮頸管の粘膜濃度を高めることで、精子が子宮へ入るのを防ぎます。

受精を防ぎ、万が一受精しても着床させない子宮の状態を作り出すことで、避妊ができるのです。

PMSの改善

PMSの原因は急激なホルモンバランスの変化です。
月経前になると変化が顕著に現れるため、情緒不安定やイライラ、眠気といった症状が現れます。

トリレゴルは、服用中のホルモンバランスをほぼ一定に保ちます。
そのためホルモンの変化が少なく身体的・精神的負担が軽減され、PMSの諸症状が改善します。

月経困難症の緩和

月経は、子宮が収縮して子宮内膜が剥がれ、経血として体外へと排出されます。
子宮内膜が剥がれる際に、痛み物質・プロスタグランジンが分泌され、腰痛や腹痛、下痢といった月経痛を起こします。
生活に支障が出るほど月経痛が重い場合を月経困難症といいます。

プロスタグランジンの分泌量は子宮内膜が薄いほど軽減。
トリレゴルは子宮内膜の成長を抑制する働きがあり、子宮内膜が薄い状態で月経を迎えるため、トリレゴルを服用すると月経困難症を緩和できます。

不正出血のリスクが軽減された3相性ピルです

低用量ピルは、女性ホルモンの配合量が一定のものを1相性、2パターンのものを2相性、3パターンのものを3相性といいます。
トリレゴルは3相性に分類されます。

3相性のピルは、総摂取ホルモン量が最小限かつ自然なホルモン変化に近いため、体への負担が少ないのが特徴です。
そのため、1相性や2相性と比べて不正出血が起こりにくいといわれています。

用法・用量

月経開始日から21日間、1日1錠を服用します

月経開始から24時間以内に服用を開始します。
1日1錠を水またはぬるま湯でお召し上がりください。
21日間服用したのち、7日間の休薬期間を取ります。これを1周期とします。
休薬期間が終了したら、29日目(1日目)から次の周期を開始します。

トリレゴルは3相性ピルのため、日によって服用する錠剤が異なります。
シートに書かれている数字または矢印に従って服用していきましょう。

服用日数 錠剤
1~6日目 赤い錠剤
7~11日目 白い錠剤
12~21日目 黄色い錠剤
21~28日目 なし(休薬期間)

毎日同じ時間に服用してください

トリレゴルを毎日同じ時間帯に服用することで、安定した効果が得られます。
そのため、服用を継続しやすい時間帯に飲んでください。
トリレゴルは食事に関係なく服用可能です。

飲み忘れた場合の服用方法

トレリゴルを飲み忘れた場合は、気づいた時間によって対応が異なります。

【服用時刻から12時間以内】
気づいた時に1錠を服用し、その後は服用時刻に服用を続けます。

【服用時刻から12時間以上経過している】
飲み忘れ分は服用せずに、次の服用時刻に1回分を飲みます。決して一度に2回分を服用してはいけません。

【2日以上飲み忘れてしまった】
服用目的によって対応が異なります。
・避妊目的
避妊効果が得られない恐れがあるため、服用を中止して別の避妊方法を行います。
月経が始まったら次の周期を開始してください。
・PMSや月経困難症の改善が目的
気づいた時に1回分を飲み、その後はいつもの時刻に服用を続けます。

副作用

乳房の張り、頭痛、吐き気、不正出血など

副作用は飲み始めの1〜2ヵ月に起こりやすく、3ヵ月ほど経過するとほとんど気にならなくなります。

重大な副作用として血栓症が報告されています。
手足のしびれや動悸、息切れなどの症状が現れた場合は、ただちに医師の診察を受けてください。

また頻度は極めて低いものの、長期使用によって乳がんや子宮頸がんの発症リスクが高まる恐れがあります。定期的に検診を受けましょう。

禁忌・注意

乳がん・子宮がん・脳梗塞狭心症・心筋梗塞・片頭痛・肝機能障害・高血圧症・糖尿病による腎症や網膜症がある、授乳中または妊娠中、1日15本以上喫煙する35歳以上の女性は服用できません

以下はレベレッテの併用禁忌薬に該当するため、一緒に服用できません。

  • C型慢性肝炎治療薬(オムビタスビル、パリタプレビル)
  • 抗ウイルス薬(リトナビル)
  • 抗生物質(リファンピシン、リファジン)
  • 抗てんかん薬(フェノバルビタール、フェニトインなど)
  • 抗エイズウイルス薬(アタザナビル、アタザナビルなど)
  • セイヨウオトギリソウ

上記のほかにも持病や常用薬がある場合は、レベレッテの服用前に医師に相談してください。

保管方法

  • 直射日光、高温・多湿を避けて保管してください。
  • 小さな子供の手が届かない場所に保管してください。
  • 使用期限(EXP)が過ぎた商品は、摂取しないでください。

参考サイト

本商品の詳細は、海外メーカーの商品情報の翻訳および以下のサイトを参考に編集しています。

PMSが気になる人におすすめの低用量ピル

1相性ピルは配合ホルモンの量が一定のため、配合量が異なる3種類の錠剤を飲み分ける3相性のトリレゴルよりもホルモンバランスが安定します。
そのため、ホルモンバランスの乱れによって起こるPMSの改善により効果的です。
特にPMSが気になるという人や、トリレゴルではPMSが改善しなかったという人におすすめです。

カスタマーレビュー

  • 星の数平均:★★★☆☆

  • 3件のレビュー
  • 頭痛と吐き気がすごい…。1シート目は初めて飲む種類だったから仕方ないかなと思っていましたが、2シート目に入っても全然副作用良くならないのでこのシート終わったらトリキュラーに戻します。

  • いくつか低用量ピルを試してみましたが、トリレゴルが一番合っていました。同じ成分のものでも合う時・合わない時があるようなのでいろいろ試してみるといいかもしれません。有難いことに、通販なら低用量ピルの種類多いので自分に合っている低用量ピルは見つかると思います。

  • 生理の間隔が決まってなくてピル飲めば間隔同じになるよって友達に教えてもらって飲んでみました。休薬期間?の2日目から生理きて、次にシート飲み始めてから2日目くらいには終わるようになりました。いつ生理きていつ終わるのか分かるようになってきたので予定が立てやすいです。ピルって避妊のイメージが強かったからまさか生理の間隔同じにしてくれる効果もあるって知らなかった。飲んで良かったです。

すべての口コミ・レビューを見る

レビューを書く

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

目次
トリレゴル

トリレゴル

3,890円

購入する